ココナッツオイル

美容と健康

ココナッツオイルは肌や髪にも使える!保湿もできるココナッツオイルの効能

ココナッツオイルダイエットというのが流行りましたが、食べるだけではなく塗っても美容に効果があるのをご存知ですか?

一時期ほどスーパーでも見かけなくなりましたが、色々なことに使えるココナッツオイルは1つもっておくと便利かもしれません。

ココナッツオイルはいわば無添加の化粧品。天然素材で安心、安全なスキンケア&ヘアケアができるんです。

肌質や髪質を選ばずに使える便利な保湿剤として、もっとココナッツオイルを役立ててみませんか。

ココナッツオイルは溶かして使う

ココナッツ

ココナッツオイルは真夏以外は固体です。25度以上にならないと液体にならないので、使う分だけ温めて使います。

電子レンジで温める
小皿などに移して電子レンジで30秒くらい温めてください。

湯煎で温める
ボウルなどにお湯を入れて、その中に深めの容器に入れたココナッツオイルを入れます。量にもよりますが、数分で溶けます。

お風呂で温める
お風呂上がりに使うなら、ココナッツオイルの瓶をそのまま湯船に入れておくのもオススメです。溶けた分だけ使いましょう。

手で温める
人肌の温度でもとかすことが出来ます。手の平で包み込むようにして温めればじわじわと溶けてきます。

ココナッツオイルの肌への使い方

ココナッツオイル

乳液やクリーム代わりにココナッツオイルを使うことが出来ます。

メイク落しに

溶かしたココナッツオイルを手に取って、メイクとなじませるようにしてクルクルと顔全体に広げます。

ティッシュで吸い取らせるようにしてオイルを拭き取り、その後は普通に石けんなどで洗顔します。洗い上がりはとてもしっとりしていますよ。

洗顔後の肌に

洗顔後、化粧水で肌を整えたら、パール粒大くらいのココナッツオイルを手の平で良く伸ばしてから肌になじませましょう。

やや重めのオイルなので、塗るというよりはハンドプレスでなじませる、という使い方がオススメです。

ブースターとして

化粧水の浸透を良くするブースターオイルとして使うのもオススメです。洗顔後、少量のココナッツオイルを肌になじませましょう。

肌が柔らかくなっているので、その後に塗る化粧水や美容液の浸透が良くなります。

リップクリームとして

唇がかさついたりひび割れている時には、少量のココナッツオイルを塗るのもオススメです。オイルの浸透を良くするなら、ラップを貼って10分くらいおいておくといいですよ。

マッサージオイルとして

メイクを落とした肌にココナッツを塗ってマッサージをしていきます。

  1. 人差し指、中指、薬指の3本を使っておでこの中心からこめかみへリンパを流します。
  2. 次にこめかみからフェイスラインに沿って顎までリンパを流します。
  3. 目の周り、顎から口角にかけての口周りのリンパを流します。
  4. 頬は下から軽く持ち上げるようにして優しくマッサージします。
  5. 最後は耳の後ろから鎖骨に向かってリンパを流します。

終わったら洗顔料または石けんで洗い流しましょう。

全身の保湿に

ココナッツオイルはボディクリームとして使うことも出来ます。特に肘や膝、かかとなど角質が硬くなりがちなところにはすり込むようにして塗っていきましょう。

お風呂上がりの肌が柔らかくなっている時に塗るのがオススメです。

塗った後はオイルが浸透するまでしばらくおきたいので、バスローブなどを着ておくといいのですが、そんなものない!という方は、軽くタオルで押さえるといいですよ。

アロマをプラスするのもOK

ボディケアに使うなら、せっかくですからアロマオイルをプラスしましょう。スキンケア効果も高まります。

オススメのアロマは、

  • ゼラニウム
  • マンダリン
  • ローズウッド
  • ラベンダー
    など。

オイルが溶けているうちに、小さじ1当たりアロマを2滴加えてよく混ぜます。それをクリーム代わりに肌に塗ってください。

ココナッツオイルの髪への使い方

ヘアケア

ココナッツオイルは髪の保湿にも役立つんですよ。髪を保湿してダメージから守ってくれます。

ヘアパックとして使う

髪の長さにもよりますが、大さじ2~3くらいのココナッツオイルを溶かします。それを毛先を中心にダメージやパサつきが気になるところに塗り込みます。

できればシャワーキャップや蒸しタオルで覆って、15分ほどおいてなじませます。私はお風呂に入る前にパックして、そのまま湯船に入っています。

その後は普通にシャンプーしましょう。もしべたつきが気になるなら2度洗いしても大丈夫です。

ドライヤーの熱から髪を守る

ほんの数滴分、洗髪後のタオルドライした後の髪につけてからドライヤーをかけるとホントにしっとりしますよ。

熱から守ってくれるのと、髪の水分をしっかり閉じ込めてくれるので、翌朝のしっとり感が変わります。

スタイリングの前に

朝のスタイリングの前に使うのもオススメ。たくさんつけるとべたついてしまうので、ほんの数滴で十分です。

乾燥が気になるところになじませてからスタイリングをすると、髪がしっとりまとまります。

肌や髪にいいココナッツオイルの選び方

ココナッツオイル

食べるためにココナッツオイルを選ぶ時には、低温圧搾で抽出、加熱処理をされていない「エキストラバージンオイル」がオススメなのですが、肌につけるものであれば「食用」ではなく「化粧品(コスメ)グレード」のものを選ぶようにしてください。

というのも、食べるなら出来るだけ無添加で、未精製のほうがいいのですが、それを肌に直接つけるということは肌に刺激を与える可能性もあるからです。

肌につけるなら、肌につけることを前提に作られているオイルを使う方がいいでしょう。

食用のモノを使ったらいけない、肌トラブルが起こる、ということではありません。質の良いオイルは栄養価も高く、食べられるくらい安全なものは肌につけてももちろんOKなんです。

ただ、手を加えていないということは、肌にとって不要な「不純物」が入っていることもあり、敏感肌の方はそれが刺激になってしまうこともあるので、化粧品(コスメ)グレードの方が安心だということです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

ジンジャーハーブティーもおすすすめ〜ジンジャーの効能。女性の大敵冷えを撃退前のページ

アマランサスの美味しい食べ方〜1日の摂取量はどのくらい?次のページアマランサス

関連記事

  1. 美容と健康

    ルイボスティーには不妊改善効果も?抗酸化作用で妊娠しやすい身体作り

    ノンカフェインで健康に良いと人気のルイボスティーですが、実は不妊にもよ…

  2. 化粧品 化粧水

    美容と健康

    もう単なる水分補給では足りない!乾燥肌にセラミドケアが必要な理由

    30代になると、目に見えて肌が乾燥してきたり、乾燥によって毛穴が目立つ…

  3. 美容と健康

    30代の女性に増えている尿漏れの原因とは?

    2月20日は「尿漏れ克服の日」だそうです。尿漏れというと、かつては出産…

  4. 塩シャンプー 作り方

    美容と健康

    塩シャンプーの作り方~メリットとデメリットを知って正しく使おう

    塩を使って髪を洗う、その名も塩シャンプー。無添加にこだわる方は、1…

  5. アーモンド

    美容と健康

    アーモンドの栄養はスポーツの疲労回復にも最適!

    アーモンドは美容だけではなくスポーツをしている人にもおススメだというこ…

  6. マカ

    美容と健康

    マカで妊娠しやすい身体を作る〜サプリメントで期待できる効果とは

    ホルモンバランスを整える効果があるとして、男性にも女性にも人気のマカで…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. リコリス
  1. オレンジ

    アロマ

    オレンジスイートの効能〜気分を明るくしてくれるアロマ
  2. マルベリー 桑の実

    食材・栄養

    マルベリー(桑の実)の効能〜ビタミンCたっぷりで美肌を作る!
  3. ジュニパー

    アロマ

    ジュニパーベリーの効能~むくみもすっきりとるアロマ
  4. ダイエット 抜け毛

    ダイエット

    ダイエット中の抜け毛の原因と予防対策。抜け毛は身体からのサイン
  5. ヘーゼルナッツミルク

    食材・栄養

    注目の植物ミルク。ヘーゼルナッツミルクの栄養効果や作り方
PAGE TOP