レモン

その他

レモンの効能〜お肌にもダイエットにも使えるアロマ

レモンの香りを知らない人はいないでしょう。さわやかな香りで、柑橘系の中でも人気のある香りです。

でも、お部屋で香らせる以外に使い道がないと思っていませんか?柑橘系のアロマは、香りはいいけど、その香りを楽しむ以外の楽しみ方が分からない、という声もよく聞きます。

今回はレモンの効果効能についてご紹介するので、それを知ったらもっと使い道が広がるかも!?

レモンの効果効能

レモン

レモンは香りがいいだけじゃなくて、お肌にもダイエットにもいいんですよ。レモンの効能を知ったらもっと使ってみたくなると思います。

私もレモンは大好きなので、1本常備してあります。

精油のプロフィール

  • 科名:ミカン科
  • 学名:Citrus limon
  • 抽出部位:果皮
  • 抽出法:圧搾法

主な作用

  • 抗菌作用
  • 浄化作用
  • 抗ウィルス作用
  • ビタミンP様作用
  • 健胃作用
  • 駆風作用
  • 消化促進作用
  • 食欲増進作用

適用例

  • 静脈の鬱血(うっけつ)
  • 空気清浄
  • 空気感染症
  • 脳の疲労
  • 消化器系の疲労
  • 消化不良
  • 肥満症
  • リンパの排液
  • 集中力低下
  • ニキビ
  • ヘルペス
  • セルライト

心への作用

頭が煮詰まったとき、リフレッシュしたい時には最適な精油です。気分を明るくしてくれますし、気の流れをなめらかにして、頭をスッキリさせてくれます。

身体への作用

抗菌作用で感染症の予防に役立ちます。免疫系に働きかけ、風邪を予防するとともに、室内で焚くことでウィルスなどの増殖を抑えます。香りがいいだけでなく、お部屋の空気を浄化してくれるんですよ。

また、柑橘系の精油はお腹にいいものが多いのですが、レモンもその一つ。消化不良ぎみの時にもいいですし、お腹が張っている時にもおすすめ。レモンの精油入りのオイルでマッサージするといいでしょう。

そして女性にとって嬉しいのは、セルライトの解消でしょう。リンパの流れを良くするので、むくみやセルライトの解消に役立つんです。むくみ太りが気になる人におすすめです。

肌への作用

レモンの精油にはビタミンP様(よう)作用というのがあります。ビタミンPとはヘスペリジンとも呼ばれ、毛細血管を強化する働きがあり、柑橘系の皮に多く含まれる成分です。

スキンケアに使えば顔の毛細血管の流れを良くして、くすみの予防に役立ちます。

レモンの禁忌事項

レモンには光毒性といって、紫外線に当たるとシミの元になったり、炎症を起こしてしまう成分が入っています。

ですから日中はお肌に塗らないようにしてください。後で化粧水のレシピをご紹介しますが、使えるのは夜のケアだけです。

レモンの使い方・楽しみ方

レモン

レモンの効能を知ったら、香りを楽しんでいるだけではもったいない!もっと色々なことに使っていきましょう。

セルライト解消マッサージオイル

お風呂上がりのマッサージオイルにレモンを使ってみてください。

<材料>

  • ホホバオイル 小さじ1
  • レモン精油 1滴
  • ジュニパー精油 1滴

体液のバランスを取って余分な水分を排出するジュニパーと合わせて、セルライトを解消していきましょう。

ガラス容器などに材料を入れてよく混ぜます。太ももなどセルライトが気になるところに塗って、セルライトを押しつぶすようにしてやや強めにマッサージします。

最後はリンパ節に流し込むように、足首から膝裏、膝裏から太ももの付け根に向かってマッサージをして、鼠径部(脚の付け根)をよくマッサージしましょう。

空気浄化スプレー

レモンの抗菌作用で空気を浄化するアロマスプレーを作りましょう。

<材料>

  • 無水エタノール 5ml
  • レモン精油 10滴
  • ユーカリラディアタ 10滴
  • 精製水 95ml

<作り方>

  1. スプレーボトル(100均でOK)に無水エタノールを入れます。
  2. 精油を加えてよく振り混ぜます。
  3. 最後に精製水を入れて蓋をしてよく混ぜます。

朝起きたとき、外から帰ってきた時などにお部屋でスプレーすると、香りも良くて気分が良くなる上に空気の浄化まで出来てしまいます。

レモンの精油はうっすらと黄色い色がついていることが多いので、スプレーをする際には白いカーテンなどに直接つけないように気をつけてください。

他にもアロマスプレーのレシピを色々ご紹介しています。
「簡単手作りアロマスプレー13選!効果別アロマスプレーの作り方」

シミ・くすみ予防の化粧水

循環を良くするレモンと、シミを予防する働きのあるセロリ精油と組み合わせて、化粧水を作ってみましょう。

<材料>

  • グリセリン 5ml
  • レモン精油 10滴
  • セロリ精油 5滴
  • パルマローザ精油 5滴
  • 精製水 95ml

<作り方>

  1. ボトルにグリセリンを入れて、そこに精油を入れます。
  2. 精製水を加えてよく混ぜます。

パルマローザにも循環を良くする働きがあるので加えてみましたが、レモンとセロリだけでもかまいません。その際はレモンとセロリを2:1くらいの割合で加えてみてください。

セロリ精油には抗色素沈着作用といって、シミを予防する働きがあります。レモンは血流を良くしてくすみを防ぎますから、シミやくすみが気になる方におすすめの化粧水です。

ただし、レモンの精油には光毒性がありますから、朝のケアには使わないで下さいね。

美肌に良いアロマレシピはこちらもどうぞ参考に。
「美肌になれるアロマレシピ~香りの力で美肌を作ろう」

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. 香水

    アロマ

    その香水、「香害」になってない?知っておきたい香りのマナー

    私はアロマテラピーを学び始める前から香水も好きでしたが、強い香りは苦手…

  2. マカ

    その他

    マカで女性ホルモンが増えるとこんなメリットが!マカの健康効果

    マカというと、男性用のサプリメントに使われる素材のイメージがあるかもし…

  3. グレープフルーツ

    その他

    グレープフルーツの効能〜脂肪燃焼でダイエット効果!?

    「グレープフルーツダイエット」なんていうものが一時期はやりましたね。食…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. 便秘 アロマ マッサージ
  2. シナモンティー
  3. シナモンカッシア
  1. 結婚、ウェディングドレス

    生活

    結婚報告を親にするときの心構え〜反対されたらどうする?
  2. ダイエット 抜け毛

    ダイエット

    ダイエット中の抜け毛の原因と予防対策。抜け毛は身体からのサイン
  3. 香水

    アロマ

    その香水、「香害」になってない?知っておきたい香りのマナー
  4. 妊娠中 妊婦

    出産・子育て

    高齢出産にはどんなリスクがある?メリットとデメリット
  5. クコの実

    美容と健康

    杏仁豆腐の飾りだけじゃもったいない!クコの実をもっと美容に活用してみない?
PAGE TOP