ローレル 月桂樹 ローリエ ベイリーフ

アロマ

ローレルの効能〜風邪の時におすすめの精油

風邪といったらユーカリかローレルか。どちらも甲乙つけがたいのですが、風邪以外にも様々なことに使える便利な精油がローレルです。

煮込み料理などのよく使われる月桂樹の葉。ベイリーフ、ローリエとも呼ばれますね。あの葉っぱから精油が採れるのです。

今回はローレルの効果効能についてご紹介します。

ローレルの効果効能

ローレル 月桂樹 ローリエ ベイリーフ

ローレルも古代から人々の役に立ってきた植物ですね。消化を助けることから、料理にも使われてきました。

学名は「称賛する」という意味があり、古代ギリシャのオリンピック競技でも、勝利者にはローレルの冠が贈られていました。

精油のプロフィール

  • 科名:クスノキ科
  • 学名:Laurus nobilis
  • 抽出部位:葉
  • 抽出法:水蒸気蒸留法

主な作用

  • 抗菌作用
  • 抗ウィルス作用
  • 抗真菌作用
  • 抗カタル作用:咳、鼻水、鼻づまり、のどの痛みなどを和らげる作用
  • 粘液溶解作用
  • 去痰(きょたん)作用:痰を切る作用
  • 鎮痛作用
  • 自律神経調整作用
  • 鎮痙攣(ちんけいれん)作用:痛みによる筋肉の収縮を和らげる作用
  • 瘢痕形成(はんこんけいせい)作用:傷や肌の凸凹を治す作用

適用例

  • 流行性感冒
  • 慢性気管支炎
  • 慢性副鼻腔炎
  • 消化器系真菌症
  • 皮膚真菌症
  • 婦人科系真菌症
  • 口内炎
  • 歯痛歯肉炎
  • ニキビ
  • 床ずれ
  • 関節炎
  • リウマチ
  • 消化不良
  • 鼓腸
  • 神経痛
  • 打撲

心への作用

料理用のローレルを嗅いで見ると分かると思いますが、スッキリした中にもどこかスパイシーさを感じる香りで、心を温めて元気にしてくれるアロマです。

ストレスで心が冷えてしまった時は、ローレルで元気になりましょう。

集中力をアップさせたい時にもおすすめです。

身体への作用

なんといっても風邪の諸症状を抑える働きですね。風邪といったらユーカリを使うことが多いのですが、ローレルの方が幅広い症状をカバーできる精油だと思います。

鼻水、鼻づまり、のどの痛みなどに有効です。

皮膚への作用

ニキビ肌、ニキビ跡、炎症を起こしがちな肌に向いています。また、ヘアケアにも役立つ精油なので、頭皮を健やかに保ち、フケの防止にもいいでしょう。

ローレルの使い方・楽しみ方

ローレル 月桂樹 ローリエ ベイリーフ

ローレルはあんまりメジャーな精油ではないのかもしれないのですが、本当に便利に使えるアロマなので、ぜひ一家に1本常備して欲しいなと思います。

香りはユーカリに似ていますが、料理にも使われるくらいですから、もう少し深みのある、風味の良い香りです。

呼吸器が辛い時には吸入法

鼻や喉の症状が辛い時は吸入法で呼吸器を楽にしましょう。

マグカップなどに少し熱めのお湯を入れ(70〜80度くらい)、そこにローレル精油を1〜2滴たらします。

刺激を感じないように目は閉じて、マグカップを持ってゆっくりを香りを吸込んでください。鼻や喉に香りの成分がしみ渡るようなイメージで。

ゆっくり深呼吸をしていると段々呼吸が楽になってくるでしょう。

風邪の予防に空気清浄スプレー

ローレルの抗菌作用と抗ウィルス作用で空気を浄化して、風邪のウィルスが増殖しないようにしたいので、風邪予防スプレーを作ってみましょう。

<材料>

  • 無水エタノール 5ml
  • ローレル精油 10滴
  • レモン精油 10滴
  • 精製水 95ml

<作り方>

  1. スプレーボトル(100均でOK!)に無水エタノールを入れます。
  2. 精油を加えてよく混ぜます。
  3. 精製水を加えて蓋をしてさらによく混ぜて出来上がり。

同じように空気をキレイにしてくれるレモンとの組み合わせで、スッキリクリアな香りのルームスプレーが出来ます。

朝起きた時や外から帰ってきた時など、お部屋にシュッシュとスプレーしてみてください。

色々と便利に使えるアロマのスプレーについてはこちらでも詳しくご紹介しています。
「簡単手作りアロマスプレー13選!効果別アロマスプレーの作り方」

ローレルのヘアトニック

頭皮をさっぱりさせたい時はローレルでヘアトニックを作ってみませんか。

<材料>

  • 無水エタノール 5ml
  • ローレル精油 5滴
  • ローズマリー精油 5滴
  • 精製水 45ml

<作り方>

  1. ポンプボトルに無水エタノールを入れます。
  2. 精油を加えてよく混ぜます。
  3. 精製水を加えて蓋をしてさらによく混ぜて出来上がり。

ローズマリーはメーカーによって色々種類がある場合がありますが、髪に使うならローズマリーカンファーよりもローズマリーシネオールの方が香りが良くていいかもしれません。

使う時は適量を手に取って、地肌につけてマッサージします。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. アロマ、化粧品

    アロマ

    美肌になれるアロマレシピ~香りの力で美肌を作ろう

    アロマオイル(精油)は香りを楽しむだけではなく、スキンケアにも使えるの…

  2. ジンジャー

    アロマ

    ハーブティーもおすすすめ〜ジンジャーの効能。女性の大敵冷えを撃退

    ジンジャー(生姜)は、アロマテラピーでも冷え性改善やお腹の調子を整える…

  3. アロマ

    マンダリンの効能〜初めての1本におすすめの優しいアロマ

    オレンジと似た香りのマンダリンですが、私は初めて買うアロマとして、オレ…

  4. 便秘 アロマ マッサージ

    アロマ

    冬の便秘はアロマのマッサージで解消しよう!ぽっこりお腹が気になる人にも

    女性は冷え性の方が多いので、寒くなるとさらに身体が冷えて、巡りが悪くな…

  5. スプレーボトル

    アロマ

    簡単手作りアロマスプレー13選!効果別アロマスプレーの作り方

    アロマテラピーは香りを楽しむだけではもったいない!天然の香りを使って、…

  6. ローズマリー

    アロマ

    ローズマリーの効能〜肌を引き締めアンチエイジング

    ローズマリーの精油でたるんだ肌も蘇る!?ローズマリーはスキンケアに利用…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. リコリス
  1. 植物オイル

    アロマ

    キャリアオイルの種類と効能~マッサージやスキンケアに大活躍!
  2. シダー

    アロマ

    シダーの効能〜むくみを取るヒノキの香りがする精油
  3. フェンネル

    アロマ

    フェンネルの効能~母乳もよく出る!?女性ホルモンのバランスを取るアロマ
  4. ひまわり 種

    食材・栄養

    ひまわりの種の栄養と効能〜美味しい食べ方、使い方
  5. ダイエット アロマ

    アロマ

    アロマ講師がおすすめする、タイプ別ダイエットに役立つアロマ
PAGE TOP