オレンジ

アロマ

オレンジスイートの効能〜気分を明るくしてくれるアロマ

オレンジの香りが嫌いという人は少ないので、万人受けする香りだと思います。ですから、単品で使うのはもちろん、他の香りとブレンドして使うのにもとてもおすすめ。

今回は、気分をリフレッシュしながらもリラックスさせてくれるオレンジスイートの効能や使い方などをご紹介しますね。

お子さんにも使えるやさしい香りなので、ぜひ日々の暮らしの中で役立てて欲しいなと思います。

オレンジスイートの効果・効能

オレンジ

みかんの皮を手でつぶすと香りのする汁が出てきますよね?オレンジスイートの精油もそんな風に皮をつぶして抽出するんです。

柑橘系の精油は皮を圧搾して抽出されるので、熱を加えない、果物のエキスそのままという感じの香り。

でもその分、香りがとびやすいアロマでもあります。香りがフレッシュなうちに使い切ってくださいね。

精油のプロフィール

  • 科名:ミカン科
  • 学名:Citrus sinensis(キトルス シネンシス)
  • 抽出部位:果皮
  • 抽出法:圧搾法
余談ですが、ミカン科の精油の学名は、頭に「Citrus」とつきます。グレープフルーツやレモンも同じ。検定試験の時などは間違いやすいので、しっかり覚えましょう!

主な作用

  • 空気浄化作用
  • 鎮痛作用
  • 健胃作用
  • 駆風(くふう)作用:お腹のガスを出してくれる作用

適用例

  • 不安症
  • 神経過敏症
  • 消化不良
  • 空気清浄

心への作用

柑橘系のアロマはさわやかな香りで「リフレッシュ」のイメージが強いかなと思いますが、オレンジスイートはほんのりとミカンの甘さもある香りで、同時にリラックスも出来るんです。

特に、何か嫌なことがあって気分が落ち込んでしまったり、ついつい暗い方へ物事を考えてしまう時など、気分を明るくして前向きにさせてくれるアロマです。

疲れて心のエネルギー不足になっている時にぜひ使ってみてください。安眠効果もあるので、寝る前に使うのもおすすめです。

体への作用

穏やかに胃腸の調子を整える働きがあるので、ストレス性の消化不良などに良いでしょう。気持ちが疲れていて食欲がない、胃がもたれる、お腹が張る、といった時にマッサージに使いたいですね。

女性は特に精神的なものが胃腸に現れやすいので、お腹がすっきりしないなと思ったらオレンジスイートで早めにケアしてきましょう。

ただし、胃腸の調子が整うと食欲が増しますから、ダイエット中は注意してください!ダイエット中のストレスを解消するなら食事の前には使わずに、寝る前やお風呂の時に使うといいですね。

肌への作用

肌の血行を良くし毒素を排出、余分なものを出してすっきりさせてくれるので、くすんだ肌やむくみがちな肌におすすめです。

オレンジスイートの使い方

オレンジ

オレンジスイートはどんな香りとも相性が良くて、色々な使い方が出来ます。

風邪予防に!空気清浄スプレー

オレンジスイートは風邪の予防にも役立つアロマ。空気中のウィルスの増殖を抑えてくれるので、風邪の季節には特に重宝します。

<スプレーの材料>

  • 無水エタノール:5ml
  • 精製水:95ml
  • オレンジスイート:10滴
  • ティーツリー:5滴
  • レモン:3滴

<作り方>

  1. スプレーボトル(100均でOK!)に無水エタノールを入れます。
  2. そこに精油を入れてよく振り混ぜます。
  3. 精製水を入れてさらに混ぜます。

朝からこのオレンジスプレーを使うと、気分も明るくなってやる気が出てきます。リフレッシュしながら風邪予防まで出来てしまうスプレー。ぜひ使ってみてください。

オレンジスイートの精油は皮を圧搾して採っているため、色がついている場合があります。白いカーテンなどに向かってスプレーすると、シミになってしまう場合があるので注意してください。

胃腸の調子を整えるマッサージ

植物オイルまたは水溶性ジェルに薄めてマッサージに使ってみましょう。

  • 植物オイル(または水溶性ジェル):小さじ1
  • オレンジスイート:2滴

今日は何だか胃の調子が優れないというとき、このオイルをお腹に塗って、時計回りにゆっくりマッサージします。

食欲がない時にも使ってみてください。胃腸の働きを活発にして気分も明るくなりますから、食欲もわいてきますよ。

オイルは好みのものでいいのですが、肌になじみの良いホホバオイルやマカデミアナッツオイルオイルがおすすめです。

寝つきが悪い時に

疲れすぎると神経が高ぶってしまってかえって眠れない、ということがありますね。睡眠は時間も大事ですが質はもっと大事。長時間だらだら寝ても、ぐっすり眠れていないと疲れもとれません。

そんなときにこのオレンジスイートを使ってみてください。

  • オレンジスイート:2滴
  • ラベンダー:1滴

これをティッシュにたらして、枕元に置いておきましょう。神経の緊張をほぐして気持ちをリラックスさせてくれるので、ゆったりとした気持ちで眠れます。

横になったらイヤなことは考えず、ゆっくりと深呼吸をしながら頭を空っぽにするといいですよ。

クレンジングオイルにも

オレンジスイートは化粧水などに使ってもいいのですが、マッサージをかねてクレンジングオイルとして使ってみましょう。

<クレンジングオイルの材料>

  • 植物オイル:小さじ1
  • オレンジスイート:2滴

1回に使う量はこの半分くらいでいいと思うので、少しまとめて作っておくと便利です。

<クレンジングのやり方>

  1. 手の平にオイルを取りよくあたためます。
  2. 顔全体に伸ばして優しくマッサージします。
  3. ティッシュでオイルを吸い取るようにして拭き取ります。
  4. 最後は普通に洗顔をして終了です。

拭き取る時にゴシゴシこすらないでくださいね。肌に刺激を与えてしまいますので、シミやシワの原因になります。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. シナモンカッシア

    アロマ

    シナモンカッシアの効能〜スパイシーな香りで菌を寄せつけないアロマ

    スパイシーでピリッとした刺激のある香りのシナモン。アロマテラピーの中で…

  2. クラリセージ

    アロマ

    クラリセージの効能と使い方〜生理痛や更年期障害にもおすすめ

    クラリセージはずばり、女性のためのアロマです。生理不順から更年期障害ま…

  3. ラベンダー アロマ

    アロマ

    ラベンダーの肌への効能〜日焼け後のお手入れにも使える!

    ラベンダーというと甘いお花の香りでリラックスする、というイメージが強い…

  4. フランキンセンス 乳香 オリバナム

    アロマ

    フランキンセンスの効能〜アンチエイジングにもおすすめのアロマ

    エイジングケア用のクリームにもよく使われているフランキンセンス。香りも…

  5. ハーブティー カモミールティー

    アロマ

    カモミールの効能〜ハーブティーで花粉症対策も

    カモミールのハーブティーはリラックス効果も高く、カフェインも含まれてい…

  6. ネロリ オレンジ 花

    アロマ

    ネロリの効能〜肌にも心にも幸福感をくれるアロマ

    ネロリという名前はあまり聞いたことがないかもしれません。ビターオレンジ…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. シナモンティー
  2. シナモンカッシア
  3. カレンデュラオイル
  4. 年金手帳 再発行
  1. バジル

    アロマ

    バジルの効能〜食べるだけじゃない、精油の利用法をご紹介
  2. マルベリー 桑の実

    食材・栄養

    マルベリー(桑の実)の効能〜ビタミンCたっぷりで美肌を作る!
  3. 出産手当金 給付 金額

    出産・子育て

    出産手当金の給付はいつ?金額はどのくらいになるの?
  4. スプレーボトル

    アロマ

    簡単手作りアロマスプレー13選!効果別アロマスプレーの作り方
  5. ジンジャー

    アロマ

    ハーブティーもおすすすめ〜ジンジャーの効能。女性の大敵冷えを撃退
PAGE TOP