アロマオイル、精油

アロマ

ローズウッドの効能〜妊婦さんでも使えるアロマ

ローズウッドという精油はあまりメジャーではないかもしれませんが、私は最初に買う1本としてもよくおすすめしているんです。

というのも、香りも柔らかくてリラックスできるのと、スキンケアに使えたり、風邪の予防にも使える万能アロマだから。

こんなに用途が広くて様々な効果があるのに、あまり知られていないというのがとても残念・・・。ということで、今回はローズウッドの効能についてご紹介したいと思います。

ローズウッドの効果・効能

アロマオイル

ローズウッドはローズという名前がついていますけれど、お花から採れるアロマではありません。木から採れるアロマなんです。

香りを嗅いだら「これが木から採られているの?」と思うほど、穏やかなやさしい香りです。

<精油のプロフィール>

  • 科名:クスノキ科
  • 学名:Aniba rosaeodora(アニバ ロサエオドラ)
  • 抽出部位:木部
  • 抽出法:水蒸気蒸留法

<主な作用>

  • 抗菌作用
  • 抗真菌作用
  • 抗ウィルス作用
  • 免疫刺激作用
  • 皮膚組織再生作用
  • 皮膚強壮作用
  • 収れん作用
  • 催淫(さいいん)作用
  • 性的強壮作用
  • 鎮痛(ちんつう)作用
  • リラックス作用

<適用例>

  • 鼻炎
  • 副鼻腔炎
  • 耳炎
  • 気管支炎性カタル
  • 流行性感冒
  • 膀胱炎
  • 膣炎
  • 皮膚真菌症
  • アフタ症
  • 歯肉炎
  • ヘルペス
  • 皮膚の老化防止
  • 神経疲労
  • 身体的衰弱
  • 過労
  • しわ
  • ニキビ
  • 皮膚炎

心への作用

ローズウッドは精神的な疲労をとってくれるので、ストレスを感じやすい人や、不安になりがちな人、あれこれ細かいことが気になってしまう人などにおすすめのアロマです。

精神の緊張を和らげてこころを落ち着かせてくれるでしょう。

体への作用

抗菌やウィルスに強いアロマというと、わりとすっきりした香りのものが多いのですが、ローズウッドも風邪の予防には適したアロマ。

抗ウィルス作用で免疫力の低下している体を風邪から守ります。特に喉や鼻の風邪に有効です。

ローズウッド精油の使い方

エッセンシャルオイル、アロマオイル、精油

ローズウッドもメーカーによっては欠品となることが多くなってきました。というのも、ローズウッドは家具などを作る木材としても使われているため、主な産地であるブラジルで伐採が進み、年々採油量が少なくなってきてしまっているんです。ローズウッドは日本では紫檀(したん)と呼ばれることもありますね。

ブラジルでは、ローズウッドを1本伐採したら苗を1本植えるという法律があるそうですが、こんなに素晴らしい精油が手に入らなくならないようにしてもらいたいなと思います。

ちなみに、「ホーウッド」という精油がローズウッドの代用品として売られていることがありますが、やはり香りは本家には叶わないなと思います。

妊婦さんの芳香浴にも

ローズウッドには特に禁忌事項がなく、安全に使えるアロマなので、妊婦さんの芳香浴にもおすすめしています。

妊娠中は体が思うようにいかずイライラすることもありますし、慣れない妊婦生活でストレスも溜まります。

そんな時にローズウッドの香りでリラックスしてもらいたいなと思います。

おすすめのブレンドはオレンジスイート、ラベンダーなど。ティッシュにたらしてテーブルや枕元などにおいて香りを楽しんでください。

風邪予防スプレー

やさしい香りで風邪の予防もしてしまいましょう。

<スプレーの材料>

  • 無水エタノール:5ml
  • 精製水:95ml
  • ローズウッド:10滴
  • ラベンダー:3滴
  • ユーカリ・ラディアタ:2滴

<作り方>

  1. スプレーボトル(100均でOK!)に無水エタノールを入れます。
  2. そこに精油を入れてよく振り混ぜます。
  3. 精製水を入れてさらに混ぜます。

精油は水に溶けないので、先に無水エタノールを入れてから!順序をお間違えなく。

スキンケアに

上記の材料のうち、無水エタノールをグリセリンに変えて、精油を入れれば化粧水の出来上がりです。

精油のブレンドは変えてみましょう。

  • ローズウッド:10滴
  • マンダリン:5滴
    (もしくは、ゼラニウム、パルマローザ、ラベンダーなど)

これも同じように、グリセリンを入れてから精油を入れて最後に精製水です。

敏感肌や年齢肌などにおすすめの化粧水になります。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

ローズマリーローズマリーの効能〜脳を活性化させて認知症も予防前のページ

ローズマリーの効能〜肌を引き締めアンチエイジング次のページローズマリー

関連記事

  1. ゼラニウム

    アロマ

    ゼラニウムの効能〜蚊よけにも使える便利なアロマ

    ゼラニウムはローズに似たフローラルな香りの中に、ほんのりハーブ調の香り…

  2. 香水

    アロマ

    その香水、「香害」になってない?知っておきたい香りのマナー

    私はアロマテラピーを学び始める前から香水も好きでしたが、強い香りは苦手…

  3. ハーブティー カモミールティー

    アロマ

    カモミールの効能〜ハーブティーで花粉症対策も

    カモミールのハーブティーはリラックス効果も高く、カフェインも含まれてい…

  4. コリアンダー パクチー

    アロマ

    コリアンダーの効能~幸せな気分になれるアロマ

    コリアンダーといえばパクチー、香菜(しゃんつぁい)とも呼ばれる、エスニ…

  5. 足 むくみ

    アロマ

    梅雨の時期のむくみ対策に使って欲しいアロマ3つ

    梅雨の時期になるとむくみが出て困るという方はいませんか。私は梅雨の時期…

  6. セロリ

    アロマ

    セロリのアロマオイルの効果〜シミ予防にもアロマがいい!

    セロリというと、独特な香りのある野菜ですが(私は食べられません)、あの…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. リコリス
  1. エッセンシャルオイル、アロマオイル、精油

    アロマ

    アロマオイルとエッセンシャルの違いは何?使い方の違いは?
  2. 桑

    食材・栄養

    マルベリーリーフ(桑の葉)の効能〜甘いものが好きな人におすすめのお茶
  3. スマホ下がり肌

    美容と健康

    あなたは大丈夫?30代に忍び寄る、スマホ焼け&スマホ下がり肌
  4. 食材・栄養

    アマランサスの食べ方を知りたい。調理方法や1日の摂取量など
  5. デーツ 効果効能

    食材・栄養

    デーツの効果効能。1日数粒で美肌を作るスーパーフード
PAGE TOP