ローズマリー

アロマ

ローズマリーの効能〜肌を引き締めアンチエイジング

ローズマリーの精油でたるんだ肌も蘇る!?ローズマリーはスキンケアに利用すると、素晴らしい引き締め効果を発揮してくれるアロマです。

その昔、70歳を超えた王妃がローズマリーを使った化粧水を使って美しい肌を取り戻し、隣国の王子からプロポーズされた、という逸話が残っているほど。

今回はそんなローズマリーの肌への効能をピックアップしてみたいと思います。

ローズマリーの肌への効果

ローズマリーで一番期待したいのは収れん作用。収れん作用とはお肌を引き締める効果のことです。少し年齢を感じ始めたお肌やむくみがちな肌をを優しく引き締めて、エイジングケアが出来るんです。

また、余分な皮脂をコントロールしてくれるので、どちらかというとオイリー肌の方に向いています。

ハンガリー王妃の水

中世のヨーロッパ、ハンガリーの王妃エリザベートは、このローズマリーを使った化粧水を使って若々しさを取り戻し、70歳を超えてから隣国ポーランドの王子からプロポーズされたというエピソードがあるんです。

・・・素晴らしい!20代の王子が70代の王妃にプロポーズしたくなるのですから、どれほどの効果があったんだろう!と期待してしまいます。

この化粧水は「ハンガリー王妃の水(ハンガリアンウォーター)」と呼ばれているんですが、元々はリウマチの痛みに苦しむ王妃のために修道院から献上されたものだそうです。

ローズマリーには筋肉を和らげたり痛みを取る働きがあり、つらい思いをしている王妃のために作られたチンキだったそうですね。

チンキというのはハーブをアルコールに漬け込んでエキスを抽出し、それを薄めて飲んだり塗ったりするものです。

この当時、蒸留技術自体はありましたが、ハーブを精油という形で利用するのはまだ一般的ではなかったので、このような方法が取られていました。

ハンガリアンウォーターのレシピ

この王妃にあやかって、ローズマリーを使った化粧水を作ってみましょう。本来はローズマリーのハーブから作るものなのですが、今回は精油を使ったお手軽レシピです。

ハンガリアンウォーターのレシピはそれこそ山のようにあるのですが、基本はローズマリー+柑橘系精油で作ります。

◆材料

  • 無水エタノール:5ml
  • 精製水:90ml
  • ローズマリー精油:5滴
  • レモン精油:2滴
  • オレンジスイート精油:2滴
  • ローズウォーター:5ml
    (好みの精油を1〜2滴プラスしてもOK)

◆作り方

  1. ボトルに無水エタノールを入れます。
  2. 精油を入れてよく混ぜます。
  3. 最後に精製水とローズウォーターを入れます。

ローズウォーターはなくてもかまいませんが、入れた方が香りが良くなるのと、引き締め効果も増します。

レモンの精油には光毒性といって、紫外線に当たるとシミの元になってしまう成分が入っています。ですから、ハンガリアンウォーターは夜のお手入れに使ってください。

お風呂上がりにたっぷり使うと、ローズマリーのスッキリとした香りと柑橘系のさわやかな香りで、とっても気分がいいんです!

他にも肌質別に色々な化粧水を作れるので、こちらも参考にしてみてください。>>『美肌になれるアロマレシピ~香りの力で美肌を作ろう』

手作り化粧水の保存方法

手作りの化粧水は防腐剤や保存料が入っていませんから、長期保存には向いていません。とはいえ、精油自体に穏やかな抗菌作用がありますから、冷蔵庫に入れなくても大丈夫。

できれば2週間程度で使い切ってください。顔はもちろん、体全体に使えますし、コスパを考えると惜しみなくバシャバシャ使えると思いますよ!

私は乾燥肌&敏感肌ですが、これまで手作りの化粧水で特にトラブルが起きたことはありません。

ただし、心配な方は、天然成分からできた保存料がありますので、それを加えてもいいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. フランキンセンス 乳香 オリバナム

    アロマ

    フランキンセンスの効能〜アンチエイジングにもおすすめのアロマ

    エイジングケア用のクリームにもよく使われているフランキンセンス。香りも…

  2. レモンバーム メリッサ

    アロマ

    レモンバームの効能~蜂蜜のような甘い香りのアロマ

    レモンバームは、レモンのさわやかさの中にほんのりと蜂蜜の甘さを感じる香…

  3. セロリ

    アロマ

    セロリのアロマオイルの効果〜シミ予防にもアロマがいい!

    セロリというと、独特な香りのある野菜ですが(私は食べられません)、あの…

  4. クローブ 効能 アロマ

    アロマ

    クローブの効能〜香辛料としても使われるスパイシーで刺激的な香りのアロマ

    クローブは「丁子(ちょうじ)」とも呼ばれ、中国では古くから漢方薬の材料…

  5. アロマ

    アロマで風邪予防!鼻や喉の症状を和らげる使い方

    アロマテラピーで風邪の諸症状に良い精油は色々あります。でもその精油…

  6. ローズ アロマ

    アロマ

    ローズの効能〜美肌を作りホルモンバランスも整えるアロマ

    バラは花の女王ですが、まさに女王にふさわしい香り。他のアロマとは1滴の…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. ピンク バラ

    美容と健康

    女性ホルモンを増やすピンク色で美肌を手に入れる!
  2. 梅干し 健康にいい

    食材・栄養

    梅干しは本当に健康にいい?梅干しの9つの健康効果とは
  3. ペッパー

    アロマ

    ブラックペッパーの効能〜心と体を温めるスパイシーなアロマ
  4. 冬 ダイエット 成功

    ダイエット

    冬こそダイエットを成功させるチャンス!無理なく痩せる5つの方法
  5. 年金

    生活

    知っておきたい年金の知識〜公的年金の種類やその違い
PAGE TOP