スピルリナ

食材・栄養

30代からのアンチエイジングに役立てたい、スピルリナの美容効果

お肌のためには毎日たっぷりの野菜や果物を食べないといけないことは分かっていても、1日3食、様々な種類の野菜を取り揃えることはなかなか難しいものです。

私は基本的に3食とも自炊ですけど、自炊だからこそ、平日は少しでも洗う皿の数を少なくしようと品数を少なくしてしまったりします(反省)。

1日350gの野菜なんて、とても摂れません。でも、私のように、もっと野菜を摂りたいと思いながらなかなか摂れていない人におすすめなのが「スピルリナ」なんですよ。

スーパーフードの一つですが、とにかく栄養素の数がすごい!今回はそのスピルリナの美容に関する効果をご紹介してみたいと思います。

スピルリナの美容効果

女性 美容 美肌

スピルリナには50種類もの栄養素が含まれています。

  • ビタミンA、C、E、K
  • ビタミンB群
  • カルシウム
  • 鉄分
  • 亜鉛
  • セレン
  • マンガン
    など、ビタミンやミネラルの宝庫。そして健康な肌を作るために欠かせない良質なたんぱく質。まさに完全栄養食なんです。

エイジングケアに

ビタミンEやフィコシアニンという天然色素成分がエイジングケアに役立つとされています。ビタミンEは抗酸化作用のある「若返りのビタミン」ですが、フィコシアニンという成分は聞き慣れないですね。

これは、食品の色づけなどにも使われている青色色素です。え、青い色なんて身体にいいの?と思うかもしれませんが、胆汁に含まれている成分と同じなので、安全なものですよ。ご安心ください。

この色素成分にも抗酸化作用があって、細胞の酸化や老化を防ぎます。

β-カロテンを始めとするビタミン類で美肌に

β-カロテンは皮膚や粘膜を保護するのに役立つので、特に

  • 肌がカサつきがちな人
  • ニキビが出来やすい人
  • 肌荒れしやすい人

に積極的に摂って欲しい栄養素なんです。

肌の表面が荒れていると、バリア機能といって肌を守る機能が低下しているので、いくら化粧水をたっぷり使っても浸透していかなかったり、すぐに蒸発してしまったりします。

だから、まずは肌を健康にするために、保護する成分をとって欲しい!

でも、緑黄色野菜を毎日食べるのはなかなか難しい!だから、スピルリナなんです。

スピルリナなら、錠剤やパウダーといった形で摂ることが出来るので、自炊をしない人でも毎日続けられますね。

腸内環境を整えて肌荒れ防止

女性の8割は便秘に悩んでいるといわれていますが、スピルリナには食物繊維も豊富に含まれているので便秘の解消や腸内環境の改善に役立ちます。

食物繊維をとると腸内の善玉菌の働きが活発になるので、悪玉菌を減らして有毒物質がたまるのを防いでくれます。

悪玉菌が多いと有毒物質が発生して、便秘だけでなくガスが溜まりやすくなったり、おならが臭くなったりします。そのガスがなんと血液中に溶け出して全身を巡り、皮膚や呼気から排出されるんですよ!

有毒ガスが肌からでてくるわけですから、腸内環境が悪いと肌の調子も悪くなるんです。だから、肌の表面をケアする以外にも、お腹の調子も整えないと肌荒れは改善できないんですよ。

肌にいいものは髪にもいい

髪も肌と同じ、たんぱく質から出来ています。肌にいいものをとっていると、自然と髪にもいい影響が出てきます。

髪のツヤが良くなったり、パサつきがおさまったりしますから、美髪効果も期待できますよ。

スピルリナはどうやって摂ればいい?

カプセル 錠剤 サプリメント

スピルリナは栄養補助食品として売られています。錠剤だったりパウダーだったり、カプセルタイプもありますね。

いずれにしても自分が続けやすい形のものを選んで下さい。

1日の摂取目安量は商品ごとに違うので、必ず用法、容量を守って摂るようにして下さいね。いくら健康にいいからといって、たくさん食べれば早くきれいになるというわけではありませんので。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. アマランサス

    食材・栄養

    アマランサスの美味しい食べ方〜1日の摂取量はどのくらい?

    WHO(世界保健機構)も「未来の食物」として認めており、NASAでも宇…

  2. ペパーミントティー

    食材・栄養

    さわやかな香りで胃腸の調子も整える、ペパーミントのハーブティーの効能

    疲れた時に気分をリフレッシュさせてくれる、さわやかなペパーミントの香り…

  3. ジンジャー

    アロマ

    ハーブティーもおすすすめ〜ジンジャーの効能。女性の大敵冷えを撃退

    ジンジャー(生姜)は、アロマテラピーでも冷え性改善やお腹の調子を整える…

  4. ライスミルク

    食材・栄養

    ライスミルクの4つの美容効果と美味しい飲み方。ダイエットにも役立つ!

    ライスミルクを飲んだことはありますか。牛乳にも負けていない栄養たっぷり…

  5. アボカド カロリー 太る

    食材・栄養

    アボカドはカロリーが高いから太る?食べ方さえ気をつければ大丈夫!

    アボカドは「森のバター」とも呼ばれるほど栄養価が高い果物ですが、その分…

  6. カレンデュラオイル

    食材・栄養

    カレンデュラのハーブティーの効果効能〜皮膚や粘膜に強いハーブ

    「皮膚のガードマン」とも呼ばれるカレンデュラ。それほど、お肌を健やかに…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. リコリス
  1. 美容と健康

    妊娠中のつらい足のむくみを解消する方法16選!
  2. オレンジ

    アロマ

    オレンジスイートの効能〜気分を明るくしてくれるアロマ
  3. ゴールデンベリー

    食材・栄養

    ゴールデンベリーの効能~食用ほおずきは実はスーパーフードだった
  4. レモン

    その他

    レモンの効能〜お肌にもダイエットにも使えるアロマ
  5. 結婚式

    生活

    じわじわ増えている仏前結婚式の魅力〜費用はどのくらい?招かれたときの服装は?
PAGE TOP