キャリアオイル

美容と健康

ヘアケアにもキャリアオイル?マッサージだけじゃないオイルの魅力

キャリアオイルはマッサージに使うだけじゃなくて、ヘアケアにも使えるのをご存知でしょうか。質の良いオイルは少量でも髪を保護してダメージから守ってくれますから、これを使わない手はありませんよ。

アロマテラピーで使うキャリアオイルは、精油を薄めてマッサージなどに使う植物オイルのことで、ホホバオイルやオリーブオイルなど様々な種類があります。

スーパーで売っているオイルなど、食べられるオイルはほとんど使えます。ただし、余計な添加物のないものに限りますが。

今回はどのようなキャリアオイルがヘアケアに向いているのかをご紹介します。

ヘアケアに向いているのはこの3つのキャリアオイル!

植物オイル

キャリアオイルには色々な種類がありますが、ヘアケアに向いているのはズバリこの3つ!

  1. 椿油
  2. ホホバオイル
  3. アルガンオイル

です。

何がいいのかというと、熱に強いオイルであること。ヘアケアに使うとなると、ドライヤーの熱から髪を守る必要があるからです。

熱に弱かったり、酸化しやすいオイルではダメなんです。加熱にも強く酸化しにくい、そんなオイルがヘアケアに向いています。

1200年前から使われてきた椿油

椿 椿油 カメリアオイル

なんといっても一番は椿油!カメリアオイルとも呼ばれる椿油、私はかれこれ10年以上使っていますが、たまに違うオイルを使うと、この椿油のなじみの良さを再認識します。

そう、髪にとてもなじみが良くて、しっとりするんです。

椿油の効能についてはこちらでもさらに詳しく解説しています。>>『ツヤのある黒髪を作る椿油〜古くから愛されてきた椿油でヘアケア』

椿油にはオレイン酸が豊富

椿油のなじみの良さの秘密はオレイン酸。オレイン酸は人の皮脂にも含まれている成分なので、皮膚や髪に刺激が少なく、すーっとなじみます。

椿油は85%がオレイン酸。

これはオリーブオイルよりも多いんです。オレイン酸は空気に触れても酸化しにくく熱にも強いのが特徴です。

椿油でドライヤーの熱から髪を守る

熱に強いのが特徴ですから、ドライヤーの熱から髪を守るのに役立ちます。洗髪後、タオルドライした髪に、毛先を中心になじませて下さい。

あまりつけすぎるとべたべたになってしまうので、ほんの数滴で大丈夫です。

キューティクルを保護して髪の水分を中に閉じ込めるので、髪がしっとりしますよ。

酸化しにくいホホバオイル

ホホバオイル

ホホバオイルは半永久的に腐らないといわれるほど安定したオイルです。

正確に言うと「油」ではなく、ワックスエステルという物質なので食べることは出来ません。

ワックスエステルで天使の輪!

保湿効果の高いホホバオイルは髪を乾燥から守ります。

キューティクルが剥がれて髪の水分が蒸発してしまうと髪のぱさつきの原因になりますね。

キューティクルを保護して髪の水分を保つことで傷んだ髪に潤いを与えます。

朝のヘアケアに髪に薄く塗っておくと、ドライヤーだけでなく、紫外線などのダメージからも髪を守ります。

さらっとしてエイジングケアにもいいアルガンオイル

アルガンの実 アルガンオイル

モロッコの砂漠で採れる希少なオイル、アルガンオイル。オレイン酸とビタミンEが豊富で、酸化しにくいのが特徴です。

スキンケアにももちろん使えますし、髪の保湿にも適しています。

ビタミンEが豊富ですから、抗酸化力が強く、エイジングケアにもいいんですよ。

とてもさらっとしたオイルで、においもほとんどないので、髪に塗ってもなじみが良いのです。

しかも熱に強い!だから、ドライヤーの熱からも髪を守ります。

アルガンオイルをアウトバストリートメントとして

椿油と同じように、洗髪後の髪を乾かす時に使いましょう。ほんの数滴、毛先になじませて下さい。

また、日焼けにも強いので、お出かけ前のケアにも適しています。

モロッコの女性が日焼けから肌を守るために使ってきたオイル。紫外線から肌や髪を守る作用にも優れているんですよ。

まとめ:実は全身のケアに使えるキャリアオイル

キャリアオイル オイル

今回ご紹介したオイルは「熱に強い」「髪になじみが良い」という点で、ヘアケアに良いオイルとしておすすめしました。

でも、髪にいいものは肌にもいいんですね。どのオイルも、顔やボディ、1本で全部ケアできます。

オイルってべたつくんじゃない?と思う人もいるかもしれませんが、質の良いオイルはすーっとなじんでべたつきません。

しかも、少量で伸びが良いのでコスパも最高!防腐剤などの添加物の心配もないキャリアオイルを使って、ツヤのある髪を手に入れませんか?

ヘアケア以外に、スキンケアに使う方法はこちらをご覧ください>>『キャリアオイルをスキンケアに使う方法〜クレンジングからパックまで』

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. 美容と健康

    30代から急増する肝斑とはどのようなシミ?その原因は?

    シミには種類があるんです。30代になって急激に増えてきたそのシミ、もし…

  2. アイスプラント

    美容と健康

    アイスプラントって知ってる?アイスプラントの食べ方と栄養

    最近スーパーでもよく見かけるようになったアイスプラント。パックに入って…

  3. マッサージ

    美容と健康

    ミオドレナージの効果は?グローブを使ったセルフマッサージでセルライト解消

    ミオドレナージって何?と思った方も多いと思いますが、私もそう思いました…

  4. ココナッツオイル

    美容と健康

    ココナッツオイルの美容効果〜食べても塗ってもキレイになれる

    ココナッツオイルのダイエット効果については、「ココナッツオイルで本当に…

  5. ルイボスティー

    美容と健康

    ノンカフェインで体質改善も出来るルイボスティーの効果

    ルイボスティーはお茶なのにノンカフェインで美容にも健康にも役立つと女性…

  6. 化粧水

    美容と健康

    コラーゲン?ヒアルロン酸?保湿成分の違いを教えて!それぞれの効果の違いとは

    今や1年中どこへ行ってもエアコンが効いているので、私たち女性の肌は常に…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. リコリス
  1. アボカド カロリー 太る

    食材・栄養

    アボカドはカロリーが高いから太る?食べ方さえ気をつければ大丈夫!
  2. レモンバーム ハーブティー

    アロマ

    レモンバームの効能〜さわやかな香りの飲みやすいハーブティー
  3. 出産手当金 給付 金額

    出産・子育て

    出産手当金の給付はいつ?金額はどのくらいになるの?
  4. 結婚式

    生活

    じわじわ増えている仏前結婚式の魅力〜費用はどのくらい?招かれたときの服装は?
  5. リコリス

    食材・栄養

    砂糖より甘いからダイエットにも。リコリスのハーブティーの効能
PAGE TOP