化粧水

美容と健康

コラーゲン?ヒアルロン酸?保湿成分の違いを教えて!それぞれの効果の違いとは

今や1年中どこへ行ってもエアコンが効いているので、私たち女性の肌は常に乾燥との戦いです。冬は特に、外気も乾燥しますし、とにかく保湿しないとメイクのノリが悪くなる!

あらゆる肌トラブルの原因になる乾燥を防ぐには、とにかく保湿が大切ですが、化粧品てカタカナの色々な成分が入っていて、何が保湿にいいんだかよくわからないということがありませんか。

今回は三大保湿成分といわれる「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」について、それぞれの役割の違いをご紹介したいと思います。

それぞれの保湿成分の特徴

美容液 化粧品

この3つはそれぞれある場所も違いますし、働きも違うんです。

セラミド

セラミドは「細胞間脂質」といって、肌の一番上の層である「角質層」にあります。角質細胞同士のスキマを埋めて、肌の保水力を高める物質です。

水分を抱え込んで保持するので、肌の乾燥を防ぎ、バリア機能も高めてくれます。30代以降は減少する一方ですから、乾燥肌の人はとにかくセラミドを補うことが大事です。

コラーゲン

コラーゲンというと、豚足とか手羽先とか冬になるとコラーゲン鍋なんていうものも出てきますが、食べ物を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

それもそのはず、コラーゲンはたんぱく質の一種なんです。

コラーゲンは表皮の下の真皮にあって、肌の弾力を保つために必要な物質で「膠原線維(こうげんせんい)」ともいいます。

エラスチンと一緒に肌の弾力を保つのですが、ネット状に張り巡らされたコラーゲン繊維をエラスチンが結びつけているという構造になっているので、コラーゲンが劣化してくると肌がしぼんだようになってしわの原因になるんですよ。

ちりめんジワ、小じわは肌の乾燥が原因ですが、深く刻まれたしわはコラーゲン不足によるものです。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、わずか1gで6リットルの水を保持できるといわれる保水力の高い成分です。ヒアルロン酸はコラーゲンと同じ真皮にあって、コラーゲンやエラスチンの間を埋める働きがあります。

ヒアルロン酸がないと、コラーゲンがいくらがんばってもやはり肌がしぼんで弾力がなくなってしまいます。

ヒアルロン酸もやはり加齢によって減少してくるものなので、年を重ねるほどに肌がカサつく原因になるんですね。

肌の悩みに合わせて使い分けて!

128066886

それぞれの違いがおわかりいただけたでしょうか。では、どれが一番保湿効果が高いのかというと、それはお肌の悩みによって違ってきます。

例えば・・・

  • 肌の表面の乾燥が気になるならセラミド
  • 小じわはちりめんジワが気になってきたらセラミド&ヒアルロン酸
  • 肌の弾力がなくなってきたような気がする時はコラーゲン

など、使い分けが必要です。

ただ、乾燥が気になる時はセラミドだけでなくヒアルロン酸がプラスされた化粧水を使った方が肌の保水力は高まるので、この2つはセットで考えてもいいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. フルーツ酢 果実酢 フルーツビネガー

    美容と健康

    フルーツ酢の作り方と使い道〜美味しくきれいになるコツ

    お酢が疲労回復など身体にいいことは結構知られていると思いますが、あのツ…

  2. 化粧品 化粧水

    美容と健康

    もう単なる水分補給では足りない!乾燥肌にセラミドケアが必要な理由

    30代になると、目に見えて肌が乾燥してきたり、乾燥によって毛穴が目立つ…

  3. マッサージ

    美容と健康

    ミオドレナージの効果は?グローブを使ったセルフマッサージでセルライト解消

    ミオドレナージって何?と思った方も多いと思いますが、私もそう思いました…

  4. 美容と健康

    ルイボスティーには不妊改善効果も?抗酸化作用で妊娠しやすい身体作り

    ノンカフェインで健康に良いと人気のルイボスティーですが、実は不妊にもよ…

  5. アサイーボウル

    美容と健康

    アサイーでダイエットは出来るのか?アサイーの効果とは?

    アサイーでダイエットは出来るのでしょうか。スーパーフルーツとして人気の…

  6. アイスプラント

    美容と健康

    アイスプラントって知ってる?アイスプラントの食べ方と栄養

    最近スーパーでもよく見かけるようになったアイスプラント。パックに入って…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. リコリス
  1. マキベリー

    食材・栄養

    マキベリーの美容効果〜美肌にダイエットに大活躍のスーパーフルーツ
  2. ルイボスティー

    美容と健康

    ノンカフェインで体質改善も出来るルイボスティーの効果
  3. クラリセージ

    アロマ

    クラリセージの効能と使い方〜生理痛や更年期障害にもおすすめ
  4. 野菜 果物 酵素

    ダイエット

    酵素サプリは本当にダイエット効果があるの?痩せる人とやせない人の違い
  5. ホットワイン

    食材・栄養

    寒い夜に美味しい、ホットワインの効果と美味しい作り方
PAGE TOP