アロマテラピー

アロマ

便秘解消に役立つアロマ〜美肌を作るためにも腸をしっかり動かそう

女性の8割が便秘に悩んでいるといわれていますね。まあ、私もそのひとりですが、昔に比べたらだいぶよくなりました。

それは、アロマでお腹のマッサージをしているからです。

便秘だと肌も荒れるし、太りやすくなるし、いいことありませんよね。ひどいと吐き気もしてくるし・・・便秘で悩んでいる方、アロマを使って体質改善しませんか。

月に4回しか出なかったひどい便秘体質も改善!?

ラベンダー、アロマ

子どもの頃からの筋金入りの便秘持ちで、社会人になってからは不摂生もたたり、ますますひどくなりました。

一番ひどいときで、週に1回しかお通じがなくて、それが4週続いたことも・・・

つまり、月に4回しかお通じがなかったこともあるんです。その時はお腹もぽっこり出てるし、食欲もないし、ニキビも増えるし、本当にひどい状態でしたが、私のお腹ってすごいなあという思いもありました。

だって、4週間分の食料を4回しか出さずに溜め込んでいるおなか・・・

でもみなさん、便秘は改善できるんですよ。便秘薬を使わなくても。

私はアロマテラピーに出会ってから、身体の調子は自分で整えることが出来るんだということを知りました。

どうして女性は便秘になるのか

 

男性にも便秘の人がいないわけではありませんが圧倒的に女性が多いですよね。それは、体質的な問題があるんです。

腹筋が弱い

女性の方が筋肉が少ないですね。腹筋も弱い人が多いので、腸の動きも弱くなって便秘になるということです。

ストレスを感じやすい

男性よりも女性の方が繊細(?)ストレスを感じやすい人が多いですね。ストレスによって、自律神経のバランスが乱れたりすると、腸の動きにも影響が出てしまうんですね。

自律神経とは自分の意思でコントロールできない神経。自律神経は内臓の動きに関わっていますから、ストレスが溜まると腸の蠕動(ぜんどう)運動が弱まって便秘になってしまいます。

女性ホルモンの関係

生理前になると便秘になる、という人も多いのではないかと思います。これは女性ホルモンと腸の動き関係しているから。

女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があります。このうち、黄体ホルモンは妊娠を維持するために働くホルモンで、脂肪や水分を溜め込み、子宮を守ろうとします。

黄体ホルモンが分泌されている時は、流産しないように子宮に刺激を与えないように腸の蠕動運動が弱まって便秘になりやすいのです。

筋肉を鍛えるよりアロマの方が早い

アロママッサージ

腸の動きを良くするには、腹筋を鍛えるのがいいのですが、そんなに短期間で出来るものも出ないですし、第一、辛いことは続かない。

だったらアロマテラピーですよ。香りを楽しむこともできるし、腸の動きを良くすることもできるし、一石二鳥です。

便秘解消におすすめのアロマ

腸の動きを良くするには、

  • 食べたものの消化を良くすること
  • 腸の蠕動運動を促進すること
  • ストレスを和らげてリラックスすること

この3つが大事ですね。
そのために使って欲しいアロマがあります。

◆消化促進作用のあるアロマ

  • コリアンダー
  • ジンジャー
  • スターアニス
  • セロリ
  • タラゴン
  • バジル
  • フェンネル
  • ペッパー

◆腸の蠕動運動を促進するアロマ

  • オレンジスイート
  • グレープフルーツ
  • ジンジャー

◆リラックス効果の高いアロマ

  • ラベンダー
  • ゼラニウム
  • マンダリン
  • イランイラン
  • ジャスミン

◆自律神経のバランスを取るアロマ

  • バジル
  • プチグレン
  • ベルガモット
  • マジョラム
  • ローレル

アロマを使ったマッサージ

小さじ1杯の植物オイルまたは水溶性ジェルにアロマオイルを2〜3滴入れてお腹に塗ります。時計回りに、ちょっと強めに(決して痛くない程度に)マッサージします。

カイロや湯たんぽなどでお腹を温めながらマッサージするとより効果的です。出来ればお風呂上がりや寝る前に毎日やるといいです。

回数はというと、本気で便秘を解消しようと思ったら、100回(周)くらいやって下さい。

◆おすすめのアロマブレンド

  • ジンジャー1滴、オレンジスイート2滴
  • ジンジャー1滴、ブラックペッパー1滴
  • バジル1滴、ゼラニウム1滴
  • ラベンダー2滴、ベルガモット1滴
  • フェンネル1滴 バジル1滴
  • コリアンダー1滴、ローレル1滴
    など。

組み合わせは自由です。ここに自分が好きな香りを1滴加えてもOK。

薬やサプリよりアロマで体質改善!

アロマテラピー

私も便秘に良いサプリを飲んでいたことがあるんです。最初のうちは快調で、もう手放せないなあなんて思ってました。

でも半年くらいたつと、段々効き目がなくなってきて、MAXの量を飲んでも全然出なくなったんです。

便秘に良いというお茶類もそうですね。最初のうちは便秘の解消というよりもお腹が下っているという感じでしたが、まあそれでも出ないよりはまし。続けて飲んでいましたが、やっぱり効かなくなっていきました。

アロマテラピーはサプリや薬のように即効性はありません。でも、その分身体に優しく副作用の心配もない。徐々に体質を改善していけるので、「効かない」ということにはならず、ちゃんとお通じが来る身体になっていきます。

私も今は、毎日というわけではありませんが、何のサプリも薬も使わずに、それなりに快調な日々を送っております。便秘で悩んでいる方は、アロマを使ってちゃんと「出せる」身体を作っていきましょうよ。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. ユーカリ アロマ

    アロマ

    ユーカリレモンの効能〜虫除けには効果絶大のレモンの香りのアロマ

    ユーカリ・レモンは、レモン・ユーカリ、ユーカリ・シトリオドラとも呼ばれ…

  2. ローズ アロマ

    アロマ

    ローズの効能〜美肌を作りホルモンバランスも整えるアロマ

    バラは花の女王ですが、まさに女王にふさわしい香り。他のアロマとは1滴の…

  3. オイル

    アロマ

    キャリアオイルをスキンケアに使う方法〜クレンジングからパックまで

    ビタミンやミネラルなど栄養豊富な植物オイル。毎日のスキンケアに質の良い…

  4. レモンバーム メリッサ

    アロマ

    レモンバームの効能~蜂蜜のような甘い香りのアロマ

    レモンバームは、レモンのさわやかさの中にほんのりと蜂蜜の甘さを感じる香…

  5. エッセンシャルオイル、アロマオイル、精油

    アロマ

    アロマオイルとエッセンシャルの違いは何?使い方の違いは?

    アロマオイルとエッセンシャルオイルは別のもの?同じじゃないの?と疑問を…

  6. ゼラニウム

    アロマ

    ゼラニウムの効能〜蚊よけにも使える便利なアロマ

    ゼラニウムはローズに似たフローラルな香りの中に、ほんのりハーブ調の香り…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. 美容と健康

    30代から急増する肝斑とはどのようなシミ?その原因は?
  2. シクラメン

    生活

    シクラメンの鉢植えの上手な育て方〜冬中シクラメンを楽しむ方法
  3. バジル

    アロマ

    バジルの効能〜食べるだけじゃない、精油の利用法をご紹介
  4. ブラッククミンシード

    食材・栄養

    ブラッククミンシードの効果効能と便利な使い方
  5. ネロリ オレンジ 花

    アロマ

    ネロリの効能〜肌にも心にも幸福感をくれるアロマ
PAGE TOP