美容と健康

ルイボスティーには不妊改善効果も?抗酸化作用で妊娠しやすい身体作り

ノンカフェインで健康に良いと人気のルイボスティーですが、実は不妊にもよいといわれているのをご存知でしょうか。

初産の年齢が上がるに連れて増えて来た不妊の問題。結婚に適齢期はありませんが、妊娠には適齢期があります。もしかして不妊かも、と思っている人がいたら、体質改善のためにルイボスティーを役立ててみてはいかがでしょうか。

ちなみに、ルイボスティーには今回ご紹介する以外にも様々な健康効果があります。それについてはこちらの記事も参考にして下さい>>『ノンカフェインで体質改善も出来るルイボスティーの効果』

人間はそもそも妊娠しにくい

妊婦、妊娠

女性の社会進出が進んだせいで、初婚年齢があがったとか、それに伴って不妊が増えたという意見もありますが、ちょっと待って下さい。

そういった側面もありますが、そもそも人間が他の動物に比べて妊娠率の低い動物なのだということをご存知ですか?

<妊娠率と妊娠期間:他の動物との比較>

  • チンパンジー:70%、8ヶ月
  • 猫:交尾によって排卵するためほぼ100%、2ヶ月
  • 犬:猫ほどではないがかなりの高確率、およそ2ヶ月
  • うさぎ:ほぼ100%、1ヶ月、重複妊娠(妊娠中の交尾によって新たに妊娠)あり
  • ネズミ:ほぼ100%、20日前後
  • 人間:20~30%、10ヶ月

人間はもともときわめて妊娠しにくい動物なんです。排卵も月に1回しかありませんし、妊娠しても10人に1人か2人は流産します。結婚したらすぐに子どもが出来て何事も無く生まれてくる、ということ自体が奇跡に近いことなんです。

不妊の原因は?

そもそも妊娠しにくい動物であるにも関わらず、ストレスや疲労によって女性ホルモンのバランスが乱れたり、活性酸素が増えて細胞を傷つけてしまうため、だんだんと妊娠しにくい身体になっていきます。

それに不妊の原因は女性だけではありません。およそ半分は男性にあるといわれていますから、女性の社会進出だけが不妊の原因ではないでしょう。男性こそ毎日ストレスと戦っていますし、疲れていますよね。

ですから、女性側だけでなく、パートナーと一緒に原因を考えて体質を改善していくことが大切です。

ルイボスティーの不妊改善効果

ルイボスティー

ルイボスティーとは、ティーといいながらお茶ではなくて、南アフリカ原産の豆科の植物「ルイボス」の葉を乾燥させたものです。緑茶も紅茶も同じお茶の木から採れますけど、お茶とは違うのでカフェインが入っていないんです。

紅茶のような色で干し草のような香りがします。苦味などがなく、とても飲みやすいお茶です。

活性酸素を除去する

活性酸素が増えると身体によくない、ということは聞いたことがあるでしょうか。活性酸素は呼吸でも発生します。吸い込んだ酸素のうち2%は活性酸素になるんですね。

この活性酸素は紫外線を浴びたり、ストレスなどによってどんどん増えていきます。活性酸素が増えると身体が「酸化」してしまうので、細胞を傷つけ老化の原因になります。ちょうど鉄が空気に触れ続けてさびていくのと同じことが体の中でも起きるわけです。

シミやシワなど美容にもよくないのですが、これが卵子や子宮にも影響してしまうといわれています。ルイボスティーにはこの活性酸素を除去するポリフェノールが含まれているので、妊娠しやすい身体を作るといわれているのです。

ミネラルが豊富

ルイボスティーはミネラルも豊富で、特に亜鉛に注目です。亜鉛は性ホルモンの働きを活性化させる働きがありますが、これは女性だけでなく男性にも効果が期待できるもの。

女性の場合は女性ホルモンを活性化させて生理のリズムを整えて妊娠の可能性を高めます。男性の場合は精子の数を増やす、精子の活動を活発化させるといった働きがあるので、夫婦二人で飲んだ方がいいですね。

ルイボスティーの効果的な飲み方

ティーバッグ

ルイボスティーの効果を高めるには、その栄養素をしっかり煮出したいので、沸騰したての熱湯を使ってしっかり蒸らして下さい。

ティーバッグでもいいですし、もちろん茶葉を使ってもOKです。5〜10分くらい蒸らして温かいうちに飲みましょう。くせのないお茶なので、レモンやミルクなどと合わせても美味しいです。

続ける事が大事

体質を改善していくことが目的なので、1度にたくさん飲んだからといって急に変化が出るわけではありません。個人差がありますが、1日コップに2〜3杯、数ヶ月は飲み続けて下さい。

ルイボスティーでリラックスして!

ルイボスティー

ルイボスティーは香りも良くて、水色もとてもきれいなお茶です。ポリフェノールの効果ももちろんありがたいですが、美味しいお茶をゆっくりと楽しむこころの余裕が不妊改善には一番良いことだと思います。

ストレスを溜め込んだままでは、どんなに身体にいいものをとったところでその効果は半減してしまいます。体質改善は身体だけでなく心のあり方も見直すいいきっかけになると思います。

自分を癒してあげられるのは自分だけですから、ストレスなんかに負けず、自分をしっかりいたわって、体質改善そのものを楽しんで下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. 美容と健康

    30代から急増する肝斑とはどのようなシミ?その原因は?

    シミには種類があるんです。30代になって急激に増えてきたそのシミ、もし…

  2. ペパーミントティー

    食材・栄養

    さわやかな香りで胃腸の調子も整える、ペパーミントのハーブティーの効能

    疲れた時に気分をリフレッシュさせてくれる、さわやかなペパーミントの香り…

  3. ジンジャー

    アロマ

    ハーブティーもおすすすめ〜ジンジャーの効能。女性の大敵冷えを撃退

    ジンジャー(生姜)は、アロマテラピーでも冷え性改善やお腹の調子を整える…

  4. ローズマリー ハーブティー

    食材・栄養

    ローズマリーのハーブティーの効能〜スッキリした香りで集中力もアップ!

    記憶のハーブとして名高いローズマリー。アロマテラピーでもよく使われます…

  5. 30大女性 薄毛 

    美容と健康

    30代女性に増えている薄毛の悩み、びまん性脱毛症の原因と対策

    薄毛に悩んでいるのは男性だけではありません。最近では女…

  6. ハイビスカス

    食材・栄養

    疲れやすい人におすすめの真っ赤なハイビスカスのハーブティーの効果

    南国ハワイのイメージがあるハイビスカスですが、園芸用の花としても人気が…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. 便秘 アロマ マッサージ
  2. シナモンティー
  3. シナモンカッシア
  1. ダイエット 栄養不足

    ダイエット

    ダイエットで栄養不足!?頑張っても痩せない理由と予防対策
  2. ラベンダー アロマ

    アロマ

    ラベンダーの肌への効能〜日焼け後のお手入れにも使える!
  3. ゼリー

    食材・栄養

    アガーの使い方とその特徴とは?「お水ゼリー」にピッタリ!
  4. マルベリー 桑の実

    食材・栄養

    マルベリー(桑の実)の効能〜ビタミンCたっぷりで美肌を作る!
  5. アロマオイル、精油

    アロマ

    ローズウッドの効能〜妊婦さんでも使えるアロマ
PAGE TOP