セサミオイルの効果と使い方〜美容に健康に嬉しいゴマのパワー | sahla【サーラ】
ごま

美容と健康

セサミオイルの効果と使い方〜美容に健康に嬉しいゴマのパワー

セサミオイルとはごま油のこと。でも、お料理で使う、あの香ばしい香りのごま油とはちょっと違います。

セサミオイルはアロママッサージやアーユルヴェーダで使われますが、ゴマそのものから抽出された無臭のオイルなんです。

食べても美味しいセサミオイルですがお肌にも良い効果がたくさん!食べるだけではなくてスキンケアにも使って欲しいと思います。

特に、最近肌の調子が悪い、シワとかシミとか肌の老化が気になるという人にはぜひおすすめのオイルです。

セサミオイルは昔から使われてきたオイル

オイル

ゴマはアフリカ原産で、数千年前から主に中国やインドで栽培されてきました。インドでは古来から伝統医療であるアーユルヴェーダで使われてきましたし、中国では「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」という薬学の本にも登場します。

ゴマは世界最古の搾油植物だといわれています。

焙煎したものとしてないもの

料理に使う茶色のごま油はとても香りがいいですね。あの油は、ゴマを焙煎してから採るので、色もついていますし、香ばしい香りが特徴です。

それに対して生のまま絞った白ごま油には、香りも色もついていません。「太白ごま油」という名前で売られていますね。通常は、搾った後に精製されますが、低温(または常温)で圧搾し、濾過しただけのものは栄養価も高いので高級品です。

セサミオイルに含まれる栄養成分

ごま

セサミオイルはビタミンやミネラルが豊富で、リグナン類など、ゴマ特有の栄養素も豊富に含まれています。

リグナン類

リグナン類は植物の茎や根に多く含まれる成分ですが、体内で女性ホルモンと似た働きをすることで知られています。

  • セサミン
  • セサモール
  • セサミノール

などがリグナン類に分類される栄養素。最も量が多いのはセサミンで、肝臓を強化してアルコールの分解を早めたり、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす働きがあります。

リグナン補給には、1日大さじ1杯のごまを摂れば十分です。

ビタミン類

ビタミンB群、ビタミンEなど、健康できれいな肌を作るのに欠かせないビタミン類が豊富で、新陳代謝を促進して肌の老化を防ぎます。

ミネラル類

あの小さな粒には驚くほどのミネラルが含まれています。

  • カルシウム
  • カリウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛

など、私たちの身体には欠かせないものばかり。特にカルシウムや亜鉛など不足しがちなミネラルがたっぷりです。

不飽和脂肪酸

セサミオイルはオレイン酸とリノール酸のバランスがよく、とても酸化しにくいオイルです。オイルの特徴としてはオリーブオイルと似ているところもあり、悪玉コレステロールを減らし、生活習慣病やがんを予防します。

セサミオイルの効能

スキンケア

セサミオイルはとても安定したオイルなので、加熱調理して食べてもいいですし、ヘアケアやスキンケア、マッサージと幅広い用途を持つオイルです。

抗酸化作用で細胞の若返り

セサミン、セサモールなどのリグナン類、ビタミンEを多く含むセサミオイルは強力な抗酸化作用を持ち、細胞や血管の酸化・老化を防ぎます。

食用で使うのはもちろんですが、クリーム代わりにスキンケアに使うのがとてもおすすめ!肌の新陳代謝を促進して、細胞の若返りをサポートします。

新陳代謝が良くなると肌のターンオーバーの周期が正常化されるので、余分な角質がはがれ落ち、くすみの無い肌を作ることができますよ。

有害金属を排出する

有害金属ってなに?と思うかもしれませんが、鉄分やカリウムなども金属の一種ですね。身体に有用なものならいいのですが、水銀など蓄積されてしまうと害を及ぼすものも中にはあります。

魚介類、特にマグロなど食物連鎖の上に立つ大型の魚をよく食べる人は要注意です。小さな魚を食べるごとに有害金属は蓄積されていきますから、大型の魚になるほど含有量が増えていきます。

セサミオイルにはこれらの有害金属を排出する力があるんです。オイルマッサージをして肌から浸透させることによって、血行が良くなるだけでなく、毒素も排出できるというわけです。

日本人はマグロ好きなので、水銀が蓄積されている人が多いといわれています。ストレスへの抵抗力が弱まり、細胞の活性が失われます。妊婦さんは赤ちゃんにも水銀が伝わってしまいますので、元気で健康な赤ちゃんを生むためにも、セサミオイルでデトックスしたいですね。

セサミオイルでマッサージはいかが?

マッサージ

透明なセサミオイルはとてもさらっとしていて、肌なじみもよく、マッサージに向いているオイルです。

マッサージといっても難しいことはありません。適量を手に取って、手の平でよく温め、ふくらはぎや肩など、疲れているところをマッサージして下さい。

順番としては、心臓から一番遠い右足の先から始めるといいですよ。足先からふくらはぎを通って膝下、ももの付け根まで、リンパを流すようにして下から上に向かってマッサージしましょう。

上半身は、指や手の平、腕から脇の下に向かってリンパを流します。いずれも気持ちがいいなと思う程度の圧で行って下さい。

セサミオイルでスキンケア

スキンケア

セサミオイルは保湿効果も高く、スキンケアにもおすすめのオイルです。

クレンジングに使う

ファンデーションには油分が含まれていますから、油汚れを落とすには油。セサミオイルでメイク落しをすると、汚れは落として肌に必要な潤いは残したままになるので、乾燥肌や年齢肌の人には特におすすめです。

手の平にオイルを取ってよく温めます。顔全体に塗ってくるくると優しくメイクとなじませましょう。最後はティッシュで吸い取るようにして拭き取ります。その後は普通に洗顔をして下さい。

化粧水の後に使う

洗顔後、化粧水で肌を整えたら、乳液やクリームの代わりにセサミオイルを使ってみて下さい。今度は薄く塗る程度で大丈夫です。保湿効果が高く、水分をしっかり閉じ込めて潤いを保ちます。

べたつきが気になる人は、塗った後に軽くティッシュで抑えて表面の油分だけをとるといいですよ。

これ1本で料理もスキンケアもできてしまう!

ごま油

ごま油というと、韓国料理に使われるあの茶色の油ばかりが注目を浴びますが、こちらの白ごま油は1本で料理もできるし、スキンケアやマッサージもできるし、何にでも使えて本当に便利なんです。

質の良いオイルは、海外ブランドの高級な美容液やクリームに負けていません。むしろ、添加物や保存料の入っていない肌につけても安心なものですし、美容液以上の働きをしてくれる優れものです。

何より、余計なものをあれこれつけない方が、肌本来の自分で潤う力を取り戻させてくれて、肌が自分で健康になっていくんです。スキンケアが過剰になっている人にほど、試してみて欲しいオイルです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. タマヌオイル 効能 顔

    美容と健康

    タマヌオイルの効能~顔や髪、全身に使える奇跡のオイル

    奇跡のオイルといわれるタマヌオイルを使ってみました。オイル美容が大好き…

  2. 美容と健康

    そもそもスーパーフードってどんなものなの?その種類やおすすめは?

    海外のモデルやセレブが食べているというニュースが流れるたびに、新たなス…

  3. 酢 ビネガー

    美容と健康

    乾燥肌にはお酢がいい!かゆみを抑えて肌を柔らかくするお酢のパワー

    我が家は息子を除いてみんな乾燥肌。毎日しっかりケアをしないと、肌が乾燥…

  4. ココナッツオイル

    美容と健康

    ココナッツオイルは肌や髪にも使える!保湿もできるココナッツオイルの効能

    ココナッツオイルダイエットというのが流行りましたが、食べるだけではなく…

  5. 美容と健康

    妊娠中のつらい足のむくみを解消する方法16選!

    ふと気づいたら今まで見たことのない象のような足に愕然…という妊婦さんも…

  6. ネトル 効能 ハーブティー

    美容と健康

    ネトルの効能~アレルギー対策にも良いというハーブティーで花粉症撃退

    ネトルというハーブティーは、自然療法が盛んな国ドイツでは春季療法によく…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. ヘーゼルナッツミルク
  2. ペパーミントティー
  3. トマト
  4. カレンデュラオイル
  5. アボカド カロリー 太る
  1. 30大女性 薄毛 

    美容と健康

    30代女性に増えている薄毛の悩み、びまん性脱毛症の原因と対策
  2. アロマ、化粧品

    アロマ

    美肌になれるアロマレシピ~香りの力で美肌を作ろう
  3. アボカド カロリー 太る

    食材・栄養

    アボカドはカロリーが高いから太る?食べ方さえ気をつければ大丈夫!
  4. もち麦

    食材・栄養

    冷めても美味しいもち麦ごはんの効果効能とは
  5. アロマテラピー、精油

    アロマ

    アロマテラピー検定を独学で受験して1発で合格する勉強法
PAGE TOP