シナモンティー

食材・栄養

温活したい冷え性さんにおすすめ!シナモンティーの効能

シナモンはピリッとした辛味とスパイシーな香りが魅力のスパイスですが、お菓子作りにもよく使われますよね。

リンゴとの相性が良くて、アップルパイなどにも入っています。

そんなシナモンは、飲み物に入れて「シナモンティー」として楽しむことが出来ます。

アロマテラピーで使うシナモンは皮膚刺激が強いため、お肌の弱い人は使えない場合がありますが、飲み物として楽しむなら大丈夫でしょう。

シナモンティーの効能や美味しい飲み方をご紹介するので、普段の飲み物にぜひ取り入れてみてください。

シナモンのプロフィール

シナモンティー

シナモンはニッキ、桂皮とも呼ばれ、古代から使われているスパイスの一つです。漢方薬としても使われており、胃腸薬などにも入っているんですよ。

古代エジプトではすでに紀元前2000年頃から献上品として使われていたのだとか。昔はスパイスは高級品でしたからね。

防腐剤の一つとしてミイラ作りにも使われていたそうです。

シナモンには種類がある

日本ではニッキもシナモンも同じ物として扱われることが多いですが、厳密にいうと違う物なのです。

また、アロマの記事でご紹介した「シナモンカッシア」も違う物です。違うというのは、原産地や使用部位の違いです。

一般的に「シナモン」といったらセイロンシナモンを指すことが多いのですが、シナモンカッシアはインド原産のシナニッケイとい種類の植物なんです。

見た目も、色が若干違うのですが、素人には正直わからないですね。スパイスとしての香りは、シナモンの方が甘味があり、シナモンカッシアはやや強い香りです。

シナモンの効能

シナモンティー

さてシナモンといえば、強力な抗菌力が特徴です。そして、毛細血管を強化する「Tie2」という物質を活性化させる働きが注目を集めています。

風邪の予防に

シナモンの抗炎症作用と抗菌作用によって、風邪のウィルスを寄せつけません。風邪を引きそうだと思ったら、早めにシナモンティーを飲みたいですね。

胃腸の調子を整える

消化不良など消化器系の不調にも良い働きをしますし、ぴりっとした香りで食欲増進にも役立ちます。

食欲がなくてもカレーなどスパイスの入ったものは食べられたりしますが、それと同じでスパイシーな香りって食欲をそそるんですね。

ダイエットにも

シナモンを飲むと身体が温まるので、発汗を促します。また、

  • コレステロール値を下げる
  • 脂肪細胞を縮小させる
  • 血糖値を上げにくくし脂肪の燃焼をサポート

など、ダイエットに嬉しい効果がたくさんあるんです。

これを聞いただけでも飲みたくなってきますね。

毛細血管を丈夫にする

年齢とともに血管も衰えていきます。そこに運動不足やストレスなどが加わると、さらに劣化が進み「ゴースト血管」が増えるんです。

ゴースト血管とは血液がほとんど流れていない状態の血管のことで、酸素や栄養素を運ぶという役割を果たせなくなっていきます。

そうすると、冷え性はもちろんのこと、血液がドロドロになったり、シミやくすみが増えるなど美容の面でもありがたくないことがたくさん!

そこで、毛細血管を丈夫にしたいのですが、その時に役立つのがシナモンです。

「Tie2(タイツー)」という物質が血管を強化する物質として注目されているのですが、シナモンのケイ皮アルデヒドという成分がこの「Tie2」を活性化させる働きがあるんです。

また、シナモンの抗炎症作用によって傷ついた毛細血管を丈夫にすることもできます。

脳のリフレッシュに

ピリットしたスパイシーな香りは頭もスッキリ、気分もリフレッシュできますよね。

アロマテラピーでも気持ちを明るくしたい時などによく使われるのですが、香りの成分が脳の奥深くに届いて、脳をスッキリさせてくれるんです。

仕事で疲れた時などにシナモンティーを飲むと、気分転換になりますよ。

シナモンティーの美味しい飲み方

シナモンティーは、マグカップにシナモンとお湯を注いで「ハーブティー」として飲む方法もあれば、紅茶に入れる方法もあります。

初めてだったら紅茶に入れた方が飲みやすいと思います。

スティックを使う

紅茶を入れて、カップにシナモンのスティックを入れます。スティックで紅茶をかき混ぜると香りが移ります。

パウダーを使う

パウダーを使うともっと楽ですね。紅茶を入れたらシナモンパウダーを小さじ1/2程度入れます。よくかき混ぜて飲んでください。

ミルクやオレンジとも相性がいい

ミルクティーとも相性がいいので、是非試してみてください。牛乳が苦手なら、豆乳もおすすめですよ。

牛乳か豆乳で紅茶を煮出して、そこにシナモンを加えます。

香り付けにオレンジスライスやリンゴを加えても美味しいですよ。

飲み過ぎには注意!

シナモンが健康やダイエットに良いからといって飲み過ぎは禁物。刺激の強いスパイスでもあるので、内臓に影響がある可能性があります。

毎日飲むならパウダーでスプーン1〜2杯くらいにしておきましょう。

冷え性さんは寝る前にシナモンティーを

シナモンパウダーはスーパーでも売っていますし、飲み物に入れたり、パンにかけたり、とても使いやすいです。

年齢を重ねるにつれて血管の健康ってすごく大事になってくるので、美容と健康のために、シナモンで血管を元気にしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. 美容と健康

    ルイボスティーには不妊改善効果も?抗酸化作用で妊娠しやすい身体作り

    ノンカフェインで健康に良いと人気のルイボスティーですが、実は不妊にもよ…

  2. ヘーゼルナッツミルク

    食材・栄養

    注目の植物ミルク。ヘーゼルナッツミルクの栄養効果や作り方

    アーモンドミルクやココナッツミルクはだいぶ定着してきましたね。これらは…

  3. もち麦

    食材・栄養

    冷めても美味しいもち麦ごはんの効果効能とは

    夫が職場の後輩から「もち麦を入れるとお弁当のごはんもおいしくなる」と勧…

  4. ハーブティー

    美容と健康

    秋冬からの花粉症の事前対策~ハーブティーで体質改善

    花粉症の人は春先になると毎日花粉情報が気になりますよね。天気がいいのは…

  5. ローズヒップ ハーブティー 効能

    食材・栄養

    ビタミンCがたっぷり!ローズヒップのハーブティーの美肌効果

    ハーブティーはやさしい香りでリラックスできるものが多いですが、ローズヒ…

  6. ルイボスティー

    美容と健康

    ノンカフェインで体質改善も出来るルイボスティーの効果

    ルイボスティーはお茶なのにノンカフェインで美容にも健康にも役立つと女性…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. シナモンティー
  2. シナモンカッシア
  3. カレンデュラオイル
  4. 年金手帳 再発行
  1. デーツ 効果効能

    食材・栄養

    デーツの効果効能。1日数粒で美肌を作るスーパーフード
  2. ラベンダー

    アロマ

    アロマオイルの使い方12選!香りの楽しみからハウスキーピングまで
  3. バジル

    アロマ

    バジルの効能〜食べるだけじゃない、精油の利用法をご紹介
  4. コリアンダー パクチー

    アロマ

    コリアンダーの効能~幸せな気分になれるアロマ
  5. アロマ

    花粉症対策にもアロマがいい~花粉症に効果的なアロマはこれ!
PAGE TOP