シナモンカッシア

アロマ

シナモンカッシアの効能〜スパイシーな香りで菌を寄せつけないアロマ

スパイシーでピリッとした刺激のある香りのシナモン。アロマテラピーの中ではちょっとマイナーな存在かもしれません。

でも、香りのアクセントとして使うととても奥深い香りになりますし、風邪の予防など健康にもいいアロマなのです。

今回は、いくつかあるシナモンの中で、「シナモンカッシア」の効能や使い方についてご紹介します。

シナモンカッシアの効果効能

シナモンカッシア

シナモンのアロマオイルは、抽出される場所によって効能が少しずつ違うので、選ぶ時には「抽出部位」を確認することが大事です。

シナモンカッシアの抽出部位は「葉付き小枝」ですが、シナモンリーフは「葉」、シナモンバークは「樹皮」です。

抽出部位が違うと香りも若干違いますので、購入する時には必ず確認してくださいね。

私の個人的な好みですが、いくつかあるシナモンの中ではシナモンカッシアが一番香りがいいと思います。

いわゆる「ニッキ」に近い香りですね。

精油のプロフィール

  • 科名:クスノキ科
  • 学名:Cinnamomum cassia
  • 抽出部位:葉付き小枝
  • 抽出法:水蒸気蒸留法

主な作用

  • 抗菌作用
  • 抗寄生虫作用
  • 抗ウィルス作用
  • 抗真菌作用
  • 殺真菌作用
  • 免疫刺激作用
  • 発酵抑制作用
  • 充血作用
  • 刺激作用
  • 交感神経強壮作用
  • 催淫作用
  • 通経作用
  • 子宮強壮作用
  • 血液流動促進作用

適用例

  • 各種感染症
  • 膀胱炎
  • ニキビ
  • 重い流行性感冒
  • 気管支炎
  • うつ病
  • 極度の疲労

心への作用

ぴりっとスパイシーではありますが、とても温かみのある香り。ほんのり甘さも感じます。

心が冷えている時に温めてくれるので、元気が欲しい!という時におすすめの香りです。

身体への作用

シナモンカッシアといえば強力な抗菌力。風邪の引き始めなどに有効です。

また血液の流れを良くしてくれるので、冷え性の方にもいいですね。

禁忌

シナモンカッシアは「芳香族アルデヒド類」という成分が多く含まれているため、皮膚刺激がとても強い精油です。

ですから、絶対に原液には触らないようにしてください。

指先くらいならまだ大丈夫ですが、皮膚が弱いところにうっかりつけてしまうと、本当に痛いので気をつけて!

また、通経作用があって月経を正常化させる働きがあるので、妊娠初期の使用は控えてください。

シナモンカッシア使い方・楽しみ方

シナモンカッシア

シナモンカッシアは非常に刺激の強いアロマオイルですから、絶対に原液を触らないことと、肌に塗る場合は濃度を低めにすること。

この2つを守って楽しんでくださいね。

気持ちを明るくしたい時の芳香浴

ちょっと疲れて心が冷えているなあ。そんな風に感じたら、シナモンカッシアで温めてリラックスしましょう。

さあ明日も頑張ろう!という気持ちになれると思います。

おすすめは、オレンジスイートとのブレンド。

オレンジとシナモンというとヨーロッパではクリスマスの香りですが、オレンジスイートには気の流れをなめらかにする働きもあるので、シナモンカッシアとの相性もいいんです。

  • オレンジスイート 3〜5滴
  • シナモンカッシア 1滴

これをティッシュにたらすか、アロマランプなどで楽しんでみてください。

オレンジスイートがかなり多めなのは、シナモンカッシアの香りのパワーがスゴイから。オレンジが多めの方がリラックスできる香りになると思います。

これはあくまでも目安なので、お好みで調整してください。

風邪を引きそうな時にも

シナモンカッシアの抗菌、抗ウィルス作用で風邪やインフルエンザも予防していきましょう。

抗菌力のあるアロマオイルと組み合わせて芳香浴をしてみてください。

  • ユーカリ・ラディアタ
  • ティーツリー
  • ローレル

などがおすすめです。

血行をよくしたい時にはマッサージ

濃度を低くすればセルフマッサージにも使えます。ただし、他のアロマオイルよりも皮膚刺激が強いので、パッチテストは必ずして、低い濃度から試すようにしてください。

<材料>

  • 植物オイル 小さじ2
  • シナモンカッシア 1滴

これで0.5%の濃度になります。通常は1〜2%で使うので、半分くらいの濃度になりますね。

シナモンだけだと香りがきついので、レモングラスやジンジャーなどとブレンドしてもOKです。

◆パッチテストとは
腕や脚の内側に薄めた精油を塗って一晩おきます。赤みやかゆみが出ないことを確認してからマッサージなどに使ってください。

シナモンカッシアは刺激に気をつけて安全に使おう!

シナモンカッシア

シナモンは皮膚刺激が強いため、肌への使用はダメ!と書いているサイトもありますが、濃度に気をつければ大丈夫です。

アロマトリートメントサロンでも使われてますしね。

ただし、肌が弱い人は気をつけてください。これはシナモンに限ったことではありませんが、天然=安全ではありません。

お肌の状態によっては濃度が低くても痛みやかゆみを感じる可能性がゼロではないので、必ずパッチテストをして安全に使ってください!

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. ユーカリ アロマ

    アロマ

    ユーカリレモンの効能〜虫除けには効果絶大のレモンの香りのアロマ

    ユーカリ・レモンは、レモン・ユーカリ、ユーカリ・シトリオドラとも呼ばれ…

  2. サンダルウッド

    アロマ

    サンダルウッドの効能〜乾燥肌の保湿にも良いアロマ

    サンダルウッドは白檀(びゃくだん)とも呼ばれ、日本でも古くから香料とし…

  3. ローズマリー

    アロマ

    ローズマリーの効能〜肌を引き締めアンチエイジング

    ローズマリーの精油でたるんだ肌も蘇る!?ローズマリーはスキンケアに利用…

  4. アロマ

    春のムズムズに。花粉症対策に必要なスキンケアとアロマの役立て方

    暖かくなるのは嬉しいですが、花粉の量が増えて困るという人は多いでしょう…

  5. クローブ 効能 アロマ

    アロマ

    クローブの効能〜香辛料としても使われるスパイシーで刺激的な香りのアロマ

    クローブは「丁子(ちょうじ)」とも呼ばれ、中国では古くから漢方薬の材料…

  6. アロマテラピー

    アロマ

    便秘解消に役立つアロマ〜美肌を作るためにも腸をしっかり動かそう

    女性の8割が便秘に悩んでいるといわれていますね。まあ、私もそのひとりで…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. リコリス
  1. エルダーフラワー 効能 ハーブティー

    食材・栄養

    エルダーフラワーの効能〜フルーティーで万能なハーブティー
  2. バジル

    アロマ

    バジルの効能〜食べるだけじゃない、精油の利用法をご紹介
  3. アロマテラピー

    アロマ

    便秘解消に役立つアロマ〜美肌を作るためにも腸をしっかり動かそう
  4. アマランサス

    食材・栄養

    アマランサスの美味しい食べ方〜1日の摂取量はどのくらい?
  5. 出産手当金 給付 金額

    出産・子育て

    出産手当金の給付はいつ?金額はどのくらいになるの?
PAGE TOP