ローズヒップ ハーブティー 効能

食材・栄養

ローズヒップのハーブティーの美肌効果〜たっぷりのビタミンCを最後まで味わう

ハーブティーはやさしい香りでリラックスできるものが多いですが、ローズヒップはお肌のために飲んで欲しいハーブティーです。

スキンケアは外側からだけでは足りない!内側からもケアするために、「飲むスキンケア」を始めてみませんか。

栄養がたっぷりで美容にとても役に立つ、ローズヒップティーの効能と美味しい飲み方をご紹介します。

ローズヒップのプロフィール

ローズヒップ ハーブティー 効能

ローズヒップの「ヒップ」はお尻ではありません。「実」を意味する言葉から来ています。

ほんのり赤い色がつく、比較的飲みやすいお茶のひとつです。

そのまま食べるとすごく酸っぱいみたいです。

野生のドッグローズの実

ローズヒップのお茶は、ローズティーのように花びらや蕾を使うのではなく、花が咲いた後の実を使います。

園芸用の華やかなバラではなくて、一重咲きのドッグローズや日本のハマナスの実などが使われています。

ビタミンCの爆弾

ローズヒップといえばビタミンC!なにせ、「ビタミンCの爆弾」という別名があるほど、ビタミンCが豊富に含まれています。

その量はレモンの10倍以上だとか。

ビタミンCの補給のためにレモンを使うなら、ローズヒップティーを飲んだ方がずっとたくさんのビタミンCがとれますね。

ローズヒップの効能

ローズヒップ ハーブティー 効能

美肌やダイエットと聞くと、試してみたくなりませんか?

ローズヒップティーはキレイな肌を作るために必要な栄養素がぎゅっと詰まったお茶なんです。

美肌効果

ローズヒップに含まれるビタミンCは、シミの元となるメラニン色素の生成を抑える他、コラーゲンの生成にも関わっているので、美肌作りには欠かせない栄養素。

まさに、女性のお肌のためにあるといっても過言ではないですね。

しかしビタミンCはストレスを感じているとどんどん減ってしまいます。

ストレスを和らげるホルモンを作るためにビタミンCが使われてしまうんですよ。

お肌のために使われる分が少なくなってしまうから、疲れがたまると肌が荒れるんです。疲れている人ほどたっぷり補給することが大切ですよ!

免疫力をサポート

ビタミンCは免疫力の向上にも役立ちます。

風邪を引きやすい人、一度風邪を引くと治りにくい人はローズヒップティーで積極的にビタミンCを補給してください。

疲れていると免疫力が落ちていて風邪をひきやすくなりますから、疲れが溜まっているときにも積極的に飲んで欲しいです。

便秘の解消にも

ローズヒップには100gあたり24gも食物繊維が含まれているので、便秘がちな女性にはとても役立ちそうですね。

普段の食生活で十分に食物繊維がとれていないなと感じたら、飲み物をローズヒップティーに変えてみるといいかもしれないですね。

ミネラルウォーターには食物繊維、入っていませんから。

お腹の中がきれいになると、お肌もきれいになりますよ。

妊娠中のビタミン補給にも

ローズヒップティーはノンカフェインですから、妊娠中でも安心して飲むことが出来ます。

風邪をひいてはいけない妊娠中は、ローズヒップでたっぷりビタミンCを補給してください。

ローズヒップの美味しい飲み方

ローズヒップ ハーブティー 効能

ローズヒップは「実」なので、蒸らすのにも少々時間がかかります。

スプーン2杯のローズヒップをカップに入れ、お湯を注ぎます。5分ほど蒸らして飲みます。

もっと時間をおいてもいいかもしれない。ここは好みです。

実は濾さずに、そのままにしておきます。

実まで全部食べてしまおう

ローズヒップティーは、お茶を飲んだ後に「実」まで全部食べるのがポイント!

栄養がたっぷり含まれている実なので、捨ててはいけません。

お茶に溶け出してくる栄養は2割程度しかなくて、残りはすべて実に残っているんです。

だから、ふやけた実も全部食べましょう。

とはいっても、味があまりついていない実をそのまま食べるのは、あんまり美味しくなかったりします。

そんな時は蜂蜜をかけて食べてみてください。美味しく食べられると思います。

蜂蜜とヨーグルトをかけて、そのままふやかしておくのもおすすめ。

ローズヒップは、実を大まかに砕いたタイプと、細かく砕いたタイプがありますが、私は細かい方が食べやすかったです。

はちみつを入れるとのみやすい

お茶も、飲みやすいお茶ではありますが、もし飲みにくい場合は蜂蜜を入れるといいですよ。

ジャムにしても美味しい

お茶で飲むのもいいですが、栄養を丸ごと摂りたい時はジャムにするのもおすすめです。

ローズヒップをお湯でしばらく煮て、柔らかくなったら茹でたお湯はお茶として楽しみ、ひたひたになるくらいまでお湯を減らして砂糖を加えて煮詰めます。

ローズヒップは甘味がないので、だいたい同量くらいの砂糖を入れればいいと思いますが、甘さは好みで調節してください。

ハイビスカスとのブレンドもおすすめ

お肌のためにハーブティーを飲むなら、ローズヒップとハイビスカスのブレンドもおすすめです。

ハイビスカスはビタミンCだけでなくリンゴ酸やクエン酸などの有機酸をたっぷり含むお茶で、キレイな赤い色をしています。

スプーン1杯ずつ入れてお茶を作ってみてください。

ハイビスカスのハーブティーについてはこちらの記事を参考にどうぞ。
>>「疲れやすい人におすすめの真っ赤なハイビスカスのハーブティーの効果」

ローズヒップはビタミンCをたっぷり補給できるハーブティー

ローズヒップ ハーブティー 効能

ビタミンCは身体の中にためておけないビタミンなので、こまめに摂ることが必要です。

それなら普段飲んでいる水やお茶をローズヒップティーに変えれば、無理なくビタミン補給が出来ますね。

お肌にも健康にも役立つローズヒップティー。是非飲んでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. 食材・栄養

    冷え性対策に、手軽なシナモンティーの作り方

    スパイシーだけど、どこかほんのり甘さも感じるシナモンの香り。寒い時期に…

  2. アーモンド

    美容と健康

    アーモンドの栄養はスポーツの疲労回復にも最適!

    アーモンドは美容だけではなくスポーツをしている人にもおススメだというこ…

  3. マルベリー 桑の実

    食材・栄養

    マルベリー(桑の実)の効能〜ビタミンCたっぷりで美肌を作る!

    スーパーで見かけることはないので、マルベリーといっても分からない方も多…

  4. ワイルドストロベリー

    食材・栄養

    実を楽しむだけじゃない、ワイルドストロベリーのハーブティーの効能

    「幸せを呼ぶハーブ」という別名もある、ワイルドストロベリー。初心者…

  5. リンデンフラワー ハーブティー

    食材・栄養

    リンデンフラワーの効能〜甘い香りでリラックスできるハーブティー

    ほのかに甘い香りがして、とても飲みやすいリンデンフラワーのハーブティー…

  6. ペパーミントティー

    食材・栄養

    さわやかな香りで胃腸の調子も整える、ペパーミントのハーブティーの効能

    疲れた時に気分をリフレッシュさせてくれる、さわやかなペパーミントの香り…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. リコリス
  1. レモンバーム メリッサ

    アロマ

    レモンバームの効能~蜂蜜のような甘い香りのアロマ
  2. スピルリナ

    食材・栄養

    30代からのアンチエイジングに役立てたい、スピルリナの美容効果
  3. 朝ベジ 効果 やり方

    ダイエット

    朝の野菜でお腹スッキリ!太りにくい身体を作る朝ベジの効果とやり方
  4. アロマスプレー

    アロマ

    アロマで虫除けスプレー〜手作りで香りを楽しみながらイヤな虫を寄せつけない
  5. オレンジ

    アロマ

    オレンジのアロマスプレーでお掃除〜キッチンもピカピカに!
PAGE TOP