アロマ講師がおすすめする、タイプ別ダイエットに役立つアロマ | sahla【サーラ】
ダイエット アロマ

アロマ

アロマ講師がおすすめする、タイプ別ダイエットに役立つアロマ

テレビ番組などで「○○の香りがダイエットにいい」なんて紹介されることがありますが、残念ながら香りを嗅いだだけで簡単にやせるなんてことはありません。

それで痩せたら誰も苦労はしませんよね。

でも、使い方によってはアロマオイルもダイエットに役立てられます。

メディカルアロマ講師をしていた私が、実際に授業でもおすすめしていた、ダイエットに役立つアロマをご紹介します。

むくみ太りが気になる人は

ダイエット アロマ

むくみが気になる人は、

身体が冷えている
巡りが悪い身体になっている

などが原因でなかなかスリムになれません。

そんな時に使うのは、身体を温めて巡りを良くするアロマです。

身体を温めるアロマ

身体を温めるには、血行を良くしたり血管を拡張させて血流を良くしてくれるアロマを使いましょう。

おすすめは、

  • ジンジャー
  • ペッパー
  • レモングラス

などです。

ジンジャーはまさに生姜のぴりっとした香りで、血行を良くしてくれます。ペッパーは胡椒の香りそのものですね。

レモングラスはレモンのさわやかな香りがしますが、血管を拡張させてる働きがあるので、冷え性の方におススメの香りなのです。

血行が悪いと身体が冷える、それでまた血行が悪くなるという悪循環です。それを断ち切るためにも、まずは身体を温めていくことが大切です。

巡りを良くするアロマ

身体が冷えているとリンパの流れも悪くなっていることが多いので、もっと巡りの良い身体にしていかないといけません。

  • シダー
  • ジュニパー
  • サイプレス

これらはヒノキ科の樹木から採れるアロマなのですが、どれもリンパの流れを良くして、老廃物を排出しやすくしてくれます。

シダーはヒノキの香り。ジュニパーサイプレスは針葉樹独特のスッキリとしたクリアな香りです。

木は自分で移動して餌を取りに行くことが出来ません。地中から水分や養分を自分で吸い上げないといけない。

大きな木はその身体を維持するために、養分や水分を吸い上げる力が強い=リンパの流れを良くする働きが強いんです。

おすすめのブレンド法

上記のアロマを使って、マッサージオイルを作ります。

  • ホホバオイル 小さじ1
  • シダー 1滴
  • ジンジャー 1滴
  • レモングラス 1滴

これをふくらはぎなどむくみが出やすいところに塗って、下から上に向かってマッサージをしましょう。

滞っている血液やリンパを心臓に戻すようなイメージでしっかりと流すようにマッサージしてみてください。

脂肪太りが気になる人は

ダイエット アロマ

さて、脂肪太りが気になる人は脂肪をしっかりもみほぐす必要がありますね。そのために役立つアロマをご紹介します。

脂肪を溶かしやすくするアロマ

精油には「脂肪溶解作用」といって、脂肪を溶かしやすくする働きがあるものがあります。

もちろん塗っただけで簡単に脂肪が溶けてなくなるわけではありませんが、脂肪燃焼マッサージなどやや強めのマッサージをする時に、脂肪を柔らかくするサポートをしてくれます。

  • ラベンダー・ストエカス
  • ユーカリ・ディベス
  • ローズマリー・ベルベノン

などがおすすめです。

ユーカリ・ディベスには利尿作用もありますので、脂肪に加えて身体の余分な水分を排出する働きも期待できます。

ちょっとマイナーな精油ばかりなのですが、ダイエット用のマッサージにはとても有効なアロマばかりです。

老廃物を出しやすくするアロマ

しっかり脂肪をもみほぐした後は、身体にたまった老廃物をしっかり流していきましょう。リンパの流れを良くして、余計なものを排出する働きのあるアロマを使います。

  • サンダルウッド
  • パルマローザ

サンダルウッドはリラックス効果も高い香りで、女性にも人気があります。

パルマローザは柔らかく甘い香りなので、フローラル系のやさしい香りがお好きな方におすすめです。

おすすめのブレンド法

  • ホホバオイル 小さじ1
  • ローズマリー・ベルベノン 1滴
  • パルマローザ 1滴

このブレンドオイルをお腹や太ももなど、脂肪が気になるところに塗って、やや強めにマッサージします。

マッサージした後は身体の巡りが良くなっているので、たっぷり水分を摂ってください。

マッサージはお風呂上がりの身体が温まっているときがいいですね。脂肪が柔らかくなり、燃焼しやすくなっていきますよ。

筋肉太りが気になる人は

ダイエット アロマ

筋肉太りが気になる人は、硬くなっている筋肉をほぐしてくようなアロマがおすすめです。

筋肉のこわばりをほぐすアロマ

筋肉太りだけでなく、肩こりなどにも使えるアロマです。

  • ローズマリー・カンファー
  • ラベンダー・アングスティフォリア

ローズマリー・カンファーは認知症予防に効果が見込める、ということでも話題になったあろまでうsが、筋肉痛、肩こりなど筋肉のトラブル全般に使えるアロマです。

ラベンダー・アングスティフォリアは「真正ラベンダー」とも呼ばれ、普通に「ラベンダー」といったらこのアロマをさしていることが多いです。

リラックス効果の高いアロマでもありますが、非常に用途が広くて、筋肉をほぐすのにも使えるんです。1本持っておくととても便利です。

おすすめのブレンド法

  • ホホバオイル 小さじ1
  • ローズマリー・カンファー 1滴
  • レモングラス 1滴

筋肉をほぐすローズマリー・カンファーに、血管を広げるレモングラスをブレンド。効率的に筋肉を和らげていきます。

腕や脚などに塗ってマッサージしてみてください。

アロマをダイエットに使うなら是非マッサージで

ダイエット アロマ
ストレスが原因の過食などを防ぐには、リラックス効果の高いアロマを焚いて香りを楽しむ、という方法もありですが、直接的に身体に働きかけていくなら、やはりマッサージが一番です。

マッサージをした後は、そのままでもいいですし、もしオイルのぬめり感が気になるなら軽くタオルで拭いてください。

オイルでマッサージをすればボディケアも出来て一石二鳥ですから、薄着になる季節の前に毎日のマッサージで巡りの良い身体を作っていきませんか。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. アロマ

    花粉症対策にもアロマがいい~花粉症に効果的なアロマはこれ!

    春のスギ花粉だけでなく、夏はブタクサ、秋はイネ科の植物など、今や1年中…

  2. ユーカリ アロマ

    アロマ

    ユーカリレモンの効能〜虫除けには効果絶大のレモンの香りのアロマ

    ユーカリ・レモンは、レモン・ユーカリ、ユーカリ・シトリオドラとも呼ばれ…

  3. アロマオイル

    アロマ

    生理痛を和らげるアロマ〜更年期障害などの女性の不調全般に

    生理痛、生理不順、更年期障害・・・。女性を悩ませるホルモンバランス。イ…

  4. アロマテラピー、精油

    アロマ

    アロマテラピー検定を独学で受験して1発で合格する勉強法

    アロマテラピー検定に興味があって受験してみたいけど、独学で大丈夫?やっ…

  5. ウィンターグリーン チェッカーベリー

    アロマ

    ウィンターグリーンの効能〜肩こりにおすすめのサロンパスの香りのアロマ

    初めてウィンターグリーンの香りを嗅いだ人は、え、これがアロマテラピーな…

  6. クローブ 効能 アロマ

    アロマ

    クローブの効能〜香辛料としても使われるスパイシーで刺激的な香りのアロマ

    クローブは「丁子(ちょうじ)」とも呼ばれ、中国では古くから漢方薬の材料…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. ヘーゼルナッツミルク
  2. ペパーミントティー
  3. トマト
  4. カレンデュラオイル
  5. アボカド カロリー 太る
  1. タマヌオイル 効能 顔

    美容と健康

    タマヌオイルの効能~顔や髪、全身に使える奇跡のオイル
  2. ココナッツオイル

    美容と健康

    ココナッツオイルの美容効果〜食べても塗ってもキレイになれる
  3. リンデンフラワー ハーブティー

    食材・栄養

    リンデンフラワーの効能〜甘い香りでリラックスできるハーブティー
  4. ごま

    美容と健康

    セサミオイルの効果と使い方〜美容に健康に嬉しいゴマのパワー
  5. スピルリナ

    食材・栄養

    30代からのアンチエイジングに役立てたい、スピルリナの美容効果
PAGE TOP