ローズの効能〜美肌を作りホルモンバランスも整えるアロマ | sahla【サーラ】
ローズ アロマ

アロマ

ローズの効能〜美肌を作りホルモンバランスも整えるアロマ

バラは花の女王ですが、まさに女王にふさわしい香り。他のアロマとは1滴のパワーが全く違います。

ローズは女性のためのアロマといってもいいでしょう。スキンケアにも使えますし、ストレスを和らげたりホルモンバランスを整える働きもあるんです。

非常に高価なアロマですが、女性には1本持っていて欲しい!そんなローズの効果効能についてご紹介します。

ローズの効果効能

ローズ アロマ

観賞用のバラはたくさんの種類がありますが、精油を採るために使われるバラはブルガリアやモロッコなどで採れるダマスクローズという品種が主流です。

ローズには水蒸気蒸留法という方法で抽出する「ローズ・オットー」と、溶剤抽出法で採る「ローズ・アブソリュート」があります。

精油に溶け出す成分が若干違うため、同じバラを原料にしていたとしても、微妙に香りが違います。

ここではローズ・オットーについて説明します。

精油のプロフィール

  • 科名:バラ科
  • 学名:Rosa damascena
  • 抽出部位:花
  • 抽出法:水蒸気蒸留法

主な作用

  • 収れん作用:肌の組織を引き締める作用
  • 瘢痕形成(はんこんけいせい)作用:傷や肌の凸凹を治す作用
  • 皮膚組織再生作用
  • 強壮作用
  • 催淫作用
  • 抗菌作用
  • 女性ホルモン調整作用

適用例

  • しわ
  • 酒さ
  • 弛緩した皮膚
  • ニキビ
  • 生理不順
  • ストレス

心への作用

疲れた心を癒し、自分を信じる力を取り戻させてくれる香りです。人生色々ありますが、自分に自信が持てなくなる時もあるでしょう。そんな時に是非使って欲しいアロマなのです。

身体への作用

女性ホルモンのバランスを整える働きがあるので、生理不順や生理痛など女性の不調全般に有効です。

肌への作用

ローズはスキンケアにとても役立つアロマ。特に年齢を感じ始めた肌のケアに有効です。

ローズの禁忌事項

女性ホルモンのバランスを整えるので、妊娠初期は使用を控えてください。

ローズの使い方・楽しみ方

ローズ アロマ

ローズは高価なので1滴1滴を大事に使いたい。ローズを有効活用する方法をご紹介しますね。

ものすごく気持ちが疲れている時の芳香浴

単なるストレス(?)なら、ラベンダーやマンダリンなど、普段使いできるアロマで十分だと思うのですが、

  • 孤独感
  • 喪失感
  • 失望感

など、心にぽっかりと穴が開いてしまったような感覚の時にローズは大活躍するのです。その心の隙間を埋めて、幸福感をもたらしてくれる香りです。

使う時は1滴で十分。ティッシュにたらしてゆっくり嗅いでみてください。

ホルモンバランスを整えたいとき

女性はストレスの影響を受けやすい!真面目で一生懸命な人ほどストレスで体調を崩しやすいものです。

ストレスなどで起こる生理不順など女性の不調を何とかしたい、という時にもローズは役に立ちます。

せっかくなので、他のアロマとはブレンドせずに、ローズだけでマッサージオイルを作りましょう。

ホホバオイルなど植物オイル小さじ1にローズ精油を1滴加えて、お腹などをマッサージしてみてください。リラックス効果も高いですし、女性ホルモンのバランスを整えて月経を正常化してくれるでしょう。

手作り化粧水に

使うたびに幸せな気分になれる、ゴージャスな香りの化粧水を作りましょう。

<材料>

  • グリセリン 5ml
  • ローズ精油 2滴
  • ゼラニウム精油 8滴
  • ローズウッド精油 10滴
  • 精製水 95ml

<作り方>

  1. ボトルにグリセリンを入れます。
  2. 次に精油を加えて、よく振り混ぜます。
  3. 最後に精製水を加えてさらに混ぜます。

ローズは肌の組織を再生させる力があるので、年齢を感じ始めたお肌におすすめです。疲れた日にはお風呂上がりにローズの化粧水でローションパックをしてみてはいかがでしょうか。

フェイスクリーム・ハンドクリームにも

化粧水を作るのはちょっと面倒だなという人はクリームに混ぜて使ってみてください。フェイスクリームではもちろん、ハンドクリームにもおすすめです。

無香料のクリームにローズを加えれば、あというまに華やかな香りのクリームになります。もちろん、スキンケア効果もあるのでお肌を健やかに整えてくれますよ。

分量は、大さじ1に1滴加えてよく混ぜて使ってください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. ローレル 月桂樹 ローリエ ベイリーフ

    アロマ

    ローレルの効能〜風邪の時におすすめの精油

    風邪といったらユーカリかローレルか。どちらも甲乙つけがたいのですが、風…

  2. ローズマリー

    アロマ

    ローズマリーの効能〜肌を引き締めアンチエイジング

    ローズマリーの精油でたるんだ肌も蘇る!?ローズマリーはスキンケアに利用…

  3. アロマテラピー、精油

    アロマ

    アロマテラピー検定を独学で受験して1発で合格する勉強法

    アロマテラピー検定に興味があって受験してみたいけど、独学で大丈夫?やっ…

  4. サンダルウッド

    アロマ

    サンダルウッドの効能〜乾燥肌の保湿にも良いアロマ

    サンダルウッドは白檀(びゃくだん)とも呼ばれ、日本でも古くから香料とし…

  5. 香水

    アロマ

    その香水、「香害」になってない?知っておきたい香りのマナー

    私はアロマテラピーを学び始める前から香水も好きでしたが、強い香りは苦手…

  6. 足 むくみ

    アロマ

    梅雨の時期のむくみ対策に使って欲しいアロマ3つ

    梅雨の時期になるとむくみが出て困るという方はいませんか。私は梅雨の時期…

- Sponsored Links -

最近の記事

  1. ヘーゼルナッツミルク
  2. ペパーミントティー
  3. トマト
  4. カレンデュラオイル
  5. アボカド カロリー 太る
  1. レモンバーム ハーブティー

    アロマ

    レモンバームの効能〜さわやかな香りの飲みやすいハーブティー
  2. 結婚

    年金・保険

    結婚して主婦になったら年金の種類は変わる?どんな手続きをすればいい?
  3. ハーブティー

    美容と健康

    秋冬からの花粉症の事前対策~ハーブティーで体質改善
  4. スプレーボトル

    アロマ

    簡単手作りアロマスプレー13選!効果別アロマスプレーの作り方
  5. ハイビスカス

    食材・栄養

    疲れやすい人におすすめの真っ赤なハイビスカスのハーブティーの効果
PAGE TOP